ライフスタイル 家計

クレジットカードを期間を空けずに連続して申込みするのはやめた方がいい理由

便利でポイントもついて特典もあり、プラチナ・カードまで所有するとことになれば自尊心くすぐるアイテムであるクレジットカード。

人によっては、プラチナ・カードを狙うより、世に出ているクレジットカードを集めてみたいと考えるカードホルダーな方もいらっしゃるかもしれません。

クレジットカードをコレクションしたいと考えている方に注意点があります。

無計画にクレジットカードは作らない

無計画にクレジットカードを申し込むのはやめておきましょう。

クレジットカードは信用情報を確認するサービスになりますから、無計画にクレジットカードを申し込んでしまうと1枚も手に入らなくなる恐れがあります。その理由を述べていきます。

信用情報を元に審査している

クレジットカードの発行会社は、申し込みがあると信用情報機関にある信用情報を確認してカードの発行をするか否かを審査して判断しています。

仮に一枚目であるとすれば、学生・社会人だとしても、発行されることが多いです。もし審査に通らなかったとするならば、携帯電話の分割をしているにもかかわらず滞納を繰り返しているなど事故を起こしている可能性が高いです。

では、2枚目3枚目になるとどうなるのかというとタイミングがとても重要になってきます。

信用情報にはクレジットカードの発行状況がわかるように情報が記載されます。

これには、毎月の支払い状況も細かく記載されていきますので、厳しく審査する場合には、支払いの遅れや遅れ度合いも確認されることになります。

そして、重要なのは、クレジットカードを申し込んだことによる、各会社によって行われた信用情報の閲覧状況も記載される点です。

つまり、自社他社問わず、記載されているクレジットカードを申し込んだ情報も確認することができてしまいます。

この時に、複数枚短期間に申し込んでしまっている場合、各社はそれぞれで「このお客様は何故に一度にこんなに申し込んでいるのか」となります。

そして、あくまで信用力を調べているわけですから、簡単な話、そんなに沢山のクレジットカードを使って払っていけるのかな?と疑問に思います。

また、犯罪への利用も危惧する可能性もあります。

こうなってしまうと、審査の結果、非承認となってしまうわけです。

むやみやたらに、クレジットカードを複数枚申し込んでしまうと、タイミングよく最初の1枚は発行される場合もありますが、経験上全て非承認の連絡が来てクレジットカードは作れません。

クレジットカードを複数枚保有したい場合は、現実的な利用に合わせて計画的に取得していくようにしましょう。

止むを得ない場合には相当な期間を空けて申込みする

どうしても作っておきたいクレジットカードが複数枚あるのなら、期間を空けて申し込むようにしましょう。

具体的に何ヶ月空ければ大丈夫というのはありませんが、最低でも2〜3ヶ月は空けておくべきです。

カードローンや各種ローンに影響あるかも

クレジットカードの申込みや発行は信用情報に記載されますが、他の金融商品のカードローンや住宅ローンを始めとする各種ローンも同じ信用情報を審査に利用しています。

繰り返しになりますが、無計画にあれこれ金融商品に手を出してしまうと、本当に必要なローンがある時に組めなくなってしまいます。

また、そのような状態で貸してくれるローンがあったとしても、かなり条件が悪くなるでしょう。その結果、家計が大惨事になってしまう危険があります。

さいごに

金融商品で、利用の結果、返済が必要なものについては信用情報が必ず重要になってきます。

無計画な人、無謀な人は、お金が返せないという風に見られるわけです。

手元には、本当に必要で家族にメリットがあるクレジットカードだけを作っておくようにしましょう。不要なカードなどは解約して整理することで家計もクリアになりますよ!

-ライフスタイル, 家計
-,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.