ライフスタイル 結婚・妊娠・子育て

結婚後の将来の不安のこと。どうなる?お金・子供・お家

大好きな彼氏彼女といよいよ結婚!

なんて幸せなんでしょう!

ところが、幸せいっぱいのはずの結婚も一気に現実的な選択を迫られる一面もあるのです。

ここでは結婚後の将来の不安について説明しています。

お金の問題はずっと尽きない

さて、結婚すれば、何もかもハッピーとはいきません。

なによりも、ずっとお金の問題に悩まされることになります。
大人になるっていうことは、責任がどんどん増えて行くことです。それが、結婚することで、家族の分も責任を背負っていくことになるのです。

そのために、何をするにも「お金」が必要です。

結婚すれば、さらに子供もいれば、公的な援助があるんじゃないの?という声もあります。たしかに、児童手当など貰えるお金もありますが、足し算引き算すれば、簡単に足りていないということがあります。

もちろん、例外的に、お金に困らなそうな家庭も確かにあります。
それは、このような家庭です。生々しいですが、お金のことだけ考えて挙げます。

  • 夫婦が同じ故郷で実家もあって、それぞれ両親もご健在
  • 妻が産休育休完備の正社員の職についている
  • 夫1人で年収500万円以上ある
  • 子供を作らない

上3つは、子供を作る場合です。そして、4つ目はそもそも子供を作らない場合です。

家については、買っても借りても、実家暮らしでも、家についての支出についてはいずれも同等くらい必要になってきますので省きます。

これら4つのどれかにハマるのであれば、お金の不安はいくらか解消されます。

でも、もしも、いずれも該当しない場合には、かなりお金に苦労することが予想されます。

夫婦が同じ故郷で実家もあって、それぞれ両親もご健在

夫婦が同じ故郷で、実家も有り、両親もご健在となるとかなり楽ですね。

長期連休の帰省があっても、交通費がそれほどかからずに両家に顔を見せることができます。

そもそも、夫婦ともに地元でそのまま就職して働いているなら、尚いいです。なぜなら、どちらかが仕事を辞めるとなると再就職も大変ですし、そのまま子供をとなるとパートとして働くことになることが多いために収入は激減します。そのために、特に、後述するように妻側で産休育休が取れる職についていると、復帰しやすいですし、元の給与水準で働くことが可能になります。

また、特に、妻側の実家の近くで住めるのであれば、子供のサポートもしやすく、妻の負担もかなり減らせるために、結果として夫側も楽になります。

妻が産休育休完備の正社員の職についている

もはや、妻がわが産休育休完備の正社員として勤めている場合、どうしても結婚したいのならば、夫が妻側のエリアに引っ越し(転職を伴う)をした方が長い目で金銭的に負担が無さそうです。

子供を視野に入れると、明らかに、妻側に著しく負担がのしかかるような社会構造になっていますので、そのような仕事を「あえて」辞めてきてもらうということは、夫側の収入が十分に確保できていないと生活が難しくなってきてしまいます。

結婚を機に新居を構えるのであれば、もはや妻側の仕事がとても重要ですから、十分検討しなくてはいけません。盲目的に女性が仕事を辞める、というようなことをしてしまうのはとても現実を見据えているとは言えません。

夫1人で年収500万円以上ある

もしも、子供が欲しいのなら、妻側で産休育休が無い仕事をしている場合、夫1人で最低でも年収500万円以上は稼いでいないと厳しそうです。

年収360万円くらいでギリギリ生活できる、切り詰めた生活ができるくらいならなんとかいけそうです。しかし、自由なお金や終身保険、子供の教育費の積立、もしくは将来の積立、さらには酒もタバコも欲しいとなると、全く足りません。

+αの将来のため、今をより楽しく生きるためのお金が欲しいのであれば、やはり年収500万円以上は確保しておきたいです。

お金の計算はとても簡単です。月の支出と年の支出を洗い出せば、最低でも必要な収入が導き出せます。一度、今彼氏彼女の段階でも、どれだけの支出があって、結婚するとどうなる予測が立てられるのか、シミュレーションしておくと良いです。

子供を作る作らないという選択肢

お金の心配はさておき、結婚するタイミングによってはいきなり「子供を作るのか作らないのか」という重要は選択をしなくてはいけなくなります。

なぜなら、どうしても、女性の体の都合もあるため、先伸ばせば伸ばすほど、危険が増えてしまうからです。

20台前半なら余裕を持って家族計画をすることも可能ですが、30台で結婚となれば、子供前提の結婚の場合もあるなど良く話し合う機会が無いまま勢いに任せてしまうことも考えられます。

また、20台であったとしても、話が戻りますが金銭的な問題が付きまとうために、これまた勢いに任せてしまう危険があります。

女性は自分自身の体のことですから日頃考えていることが多いと思われますが、男性の場合どこか楽観視してしまっているところがあるかもしれません。

結婚するしないを、子供を作る作らないで決めることもありますから、早々に話し合いをしていかなければ気付いた時には、いろんな意味でもう遅い状況になっているかもしれません。

家を買う買わないという選択肢

家の問題は、買うとか借りるとか以上に、こじれた形でずっと悩まされることになります。

買えば、ローン、転勤、近隣問題、建て替えなどあります。

借りるとしても、家族構成による転居、年数経過による転居、契約に従った転居があります。

実家で一緒に済むから家賃かからないよ!というのも短絡的です。

もはや、実家に住むということは、確実に将来的に補修修理や建て替え、維持管理や税金支払いの引き継ぎがあります。

2世帯3世帯が一緒に住めるほどの住宅なのですから、建て替えともなれば近所の新築建売住宅の購入よりもお金がかかるのは間違い無いです。しかも、ローンの名義人は確実に自分になるわけですから、結局十分な収入と自己資金がなければなりません。

もしも、家賃がかからないからラッキーと思って、家賃相当額をそのまま交遊費に丸々使ってしまっていたら、それこそ将来的に建て替えが不可能で築40〜50年以上経ちつつ劣化故障が著しい家に住み続けなくてはいけなくなります。

実家に住むということは、さらに、自分たち家族の家計もさることながら、親世代、子世代の家計も正常に運営されていなければ成り立たないという最大のデメリットもあります。

さいごに

結婚後の将来の不安について、僕の経験から考えてみました。

幸いにして、我が家では、家計の管理を夫婦で透明性を持って行なっていますし、収入面もブログ収入を確立させていますので悲観的になることはほとんどありません。

絶対に収入を得たい初心者のための稼ぐブログの作り方|収入を伸ばす運営方法

これも、付き合い自体も結婚を前提としたものでしたから、毎日話をしてお互いの考えに致命的な差が無いことを確認できていたからだと思います。この時、どちらかが相手を自分の考えの通りに「説得」するようなことをしていたら、結婚生活もとても厳しいものになっていたかもしれません。

結婚後の将来の不安については、今2人で納得した話し合いで予測して備えることで不安解消することができます。2人の将来のことですから、面倒臭がらずに電卓を使って話し合いをしてみることをお勧めしますよ!

-ライフスタイル, 結婚・妊娠・子育て
-, ,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.