ライフスタイル 結婚・妊娠・子育て

父親の家事育児って何をしてるの?

父親の家事と育児は何をしたらいいのか、余所ではどんなことをしているのか気になると思います。

いろんな家庭の形があるので、僕の家と似た構成なら参考にできると思います。

家事でやっていること

家事についてですが、夕飯の支度と必要なお買い物については僕はやってないです。あくまで、「妻の作った飯しか食わんっ!」と言い張っています。ただ、妻も面倒な時があるので、出前や惣菜で済ませたりすることもあります。

食器洗い

大抵の食後の食器洗いは僕がやっています。

平日の夕飯後、休日三食後で食器洗いしています。

僕は一人暮らしが長かったので、料理自体は別に嫌いじゃないですが、手間を考えるとその時間でブログ書いたり勉強したりしたいと思ってしまうので、妻にお願いしています。

そのかわり、食器洗いや片付けは僕がやるようにしています。食器洗いや片付けは頭を使うことは何も無いのでとっても楽ですし、時間もそんなにかからず終われるので良いです。

洗濯

自分の服を洗う際に、まとめて全部洗ったりしています。

ただ洗濯は、子供の服の都合や保育園の準備の都合もあるため、都度都度妻も洗っています。

当番や担当を決めているわけではないので、全ての洗濯を自分でやっていないのが現状です。

あとは、洗濯干しですが、僕がやったり妻がやったりしています。

朝自分の洗濯をすれば、そのまま干したりします。妻が回した洗濯は、タイミングよく終われば干したりします。

洗濯は、各々のタイミングで回して、終わってるのを気付いたら干すといった感じでやっています。

洗濯について、女性物は洗い方なと、決め事やこだわりが強いと手を出しづらかったりします。
僕はさっさと自分の分を洗うついでに妻に洗うかどうか聞いています。そうすれば、丸っと洗える物なら洗って欲しいと言ってくれますし、デリケートな物ならあとで自分でやるからいいと言ってくれます。

お風呂掃除

湯張りをする季節には、お風呂掃除を毎日やっています。

お風呂掃除をするようになったきっかけは、妻が夕飯の支度をしながら、お風呂掃除までしようとしていたのを見た時です。
その時、専業主婦をやっていたので家事は全部やらないといけないと思い込んでいたみたいでした。でも、家事のことは、どうしても2人で手分けしないことには、終わるものも終わりません。

そこで、お風呂掃除を自分でやるようにしてみたのです。そうしたら、夕飯の支度がスムーズに進むようになったのですぐご飯が完成するようになったので僕としても嬉しいです。

トイレ掃除

トイレ掃除は、分担してやっているということよりも、独身の頃からトイレ掃除だけは豆に行なっていたのでその流れで今も行なっています。

大好きな洗剤は「マメピカ」と「スクラビングバブル」の2つ。

マメピカをシュッと吹いたらトイレットペーパーで拭くだけなのでとっても簡単に掃除ができてしばらく愛用しています。

スクラビングバブルは、妻が買ってきたんですが、一度使ってみたところ便器のコーティング具合が本当に気持ちよく定期的に行なっています。我が家はトイレが1階と2階にあるのですが、どうしても1本しか買ってくれないので、いちいち持ち運びするのが面倒です。

マメピカとスクラビングバブルは、掃除の手間がかからず綺麗にできるのでおすすめです。

雑草処理&除虫処理

我が家は戸建てなので、庭の整備も定期的に行わないと雑草まみれになってしまいます。

また、虫も湧いてくるので、虫対策をしないと家の中に侵入してきてしまいます。

僕も妻も幸い家庭菜園的なものやガーデニングなどは興味ないので、除草剤や除虫剤もガンガン巻けるので簡単整備です。

スギナがなかなか手強いですが、ブログで煮詰まったりした時には、気分転換に雑草抜きを始めたりしてうまく付き合っています。

目標としては、庭も全部コンクリート敷にしてしまってガレージなど建てたいと考えています。

育児でやっていること

育児でやっていることとしては、もはや定番になっているオムツ、ミルク、抱っこです。2歳児は、オムツ、お風呂、外に遊びに連れて行くことです。

そのほかのことは、子供達や妻のタイミングによって変わってきます。0歳児の沐浴や、子供の体調不良などそうです。

父親の育児については、ルーティーン化できることを積極的に行えば、家庭内はうまく回せると思います。

現に、僕は今の所あれこれ妻に注文されることもありません。夕飯もいつもだいたい同じ時間に出てきますし、子供のお風呂もだいたい同じ時間に入れています。

パターン化できてすぐできるようなこと、つまり誰でもできるようなことを、自分が行なってしまえば多少やることが大変なことは妻が気兼ねなくしてくれます。

ちなみに、この記事を書いている日の前日から、2歳児が連続して吐いてしまいちょうどこの文を書いている最中に妻が病院に連れて行ってくれています。

当たり前に、日頃から0歳児のオムツ、ミルク、抱っこをしているので、妻も安心して任してくれます。つまり、妻にストレスがかかっていないんです。みんなで楽しく過ごすためには、誰にもストレスを与えないようにしないといけません。

さらに言ってしまうと、0歳児が寝てしまえば、自由時間です。ブログも書けます。しっかり、子守ができればいくらでも時間が作れるのでパパは頑張ってみましょう!

さいごに

以上、父親の家事育児で僕のやっていることを説明しました。

大変じゃないかと聞かれれば、確かに大変かもしれません。今さっきもずっと寝てくれない0歳児をずっと抱っこしていたので、腕がしんどいです。

ただ、精神的に疲れるかといえば、そうでもありません。やはり、二人三脚で負担を分担しているからこそ、生活がめちゃくちゃにならずに済んでいます。

とはいえ、父親の他に、夫として妻の様子をよく観察することはこれからも大事です。バランスよく2人で家事育児を行なって、気分良く暮らしていけるように頑張っていきましょう!

-ライフスタイル, 結婚・妊娠・子育て
-, ,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.