ライフスタイル 結婚・妊娠・子育て

育児中の父親に自分の時間はあるの?無くなった時間と増えた時間

毎日のお仕事ごくろうさまです。

そして、帰宅したら可愛い子供たちの育児に本当に頭が下がります。

さてさて、これからパパになる人や新米パパに向けて、父親の自分の時間があるのかどうか不安になっていると思います。

そこで、僕の現在進行形の育児経験から、無くなった時間、増えた時間について説明していきます。

こんな自分の時間は無くなった

まず先に無くなった自分の時間についてです。
まとめてみると気付きますが、育児の有無というよりかは、独身時代と結婚子育ての時間の違いで分けられると思います。

一日中ゴロゴロ

一日中ゴロゴロしていることは本当になくなりました。ずーっと漫画読んだりネットしてたり寝てたりのアレですね。

常に何かしていますし、目的もなく寝転がることもほとんどないです。

ずーっとゲーム

ひと昔前なら、ずーっとモンハンやネットゲームしていたものです。
夜通しゲームしてたなんて今では想像もつきません。
生活サイクルめちゃくちゃでも体力的に遊べてたんですね。

今は、コンシューマーゲームもPCゲームも手を出していないです。
やるとしても、スマホゲームで隙間に遊ぶくらい。ポケモンGOをコミュニティデイでがっつりやるくらいです。

自分としては、ゲームブログも運営しているので、ゲームしてるつもりなんですが、もし10年前の自分が見たら、全然遊べないじゃんと思うかもしれませんね。

ただ、ゲームについては、ブログのネタや動画投稿に使えるのでやろうと思えば、たっぷりできます。編集作業などあるのでら時間の管理は確実に行って、メリハリはつけると思います。
ゲームも今は仕事としてやりますね。

何となく漫画喫茶

休日といえば、ずっと漫画喫茶でした。

最近いつ行ったかなぁ。読みたい漫画はたくさんあるので、また通いたいです。

ただ、家では漫画結構読んでます。Kindle UnlimitedやAmazonの無料漫画などチェックして楽しんでいます。

1人で外出を用がなければしないので、行く機会が無くなった感じです。

お酒を飲みながら海外ドラマ

妻が妊娠するまでは、本当に毎日お酒を飲んでいました。

毎日、ストロングゼロかジャックダニエルをカパカパ飲んで、酔いながら海外ドラマを見るのが本当に好きでした。

今はお酒は飲まないです。会社の飲み会も出ません。
飲んだ記憶は、妻の実家に遊びに行ったときに、「こんな日じゃないと飲めないんだから飲みな」と言われて飲んだのが去年の夏休み頃です。

お酒を飲まない最大の理由は、子供の緊急事態に備えて車を出せるようにすることです。

幸い夜間の救急医療を受けたのは今のところ2〜3回のみで、健康に過ごせているので安心です。

一度飲まなくなると、飲むきっかけが無くなります。

また、やりたい事があるので、アルコールを飲むとできなくなってしまうので、結局進んで飲む気が無くなっていますね。

こんな自分の時間は増えた

次に、育児し始めたけど、無くならなかった、むしろ増えたことを説明します。

ブログを書く

ブログは書き続けられています。

ブログは家ではできますし、騒音なども出ません。そのため、0歳児が寝ている側で作業することも出来るので、時間帯など気にする必要も無いです。

また、妻の理解も得やすいので、妻も自分がブログを書けるように配慮してくれることも継続できている理由になっています。

ブログの場合は、成果を常に数字で追っていけます。ブログの仕組みや記事の質など、細かいところがわからなくても、数字さえ見てもらえれば、妻もすぐ納得してくれています。

在宅でしかも子供を見てもらいながら収入を作れるというのは、他の副業やビジネスと比べてアドバンテージが高いです。

絶対に収入を得たい初心者のための稼ぐブログの作り方|収入を伸ばす運営方法

勉強する

勉強する時間は、育児中でも確保することは可能です。

また、時間は限られているので、ついつい他のことをしてしまうことがなく集中できています。

ただ、自己啓発的なスキルアップより、資格取得やTOEICのような結果がはっきり出るものが、工夫して最大限の効果を得られるようにチャレンジすることができます。

会社で求められる資格やキャリアアップに繋がる資格などであれば、子育て中であっても逆にしっかり時間を作って取り組んでもらいたいとパートナーも考えてくれるはずです。

僕は主に、ブログの記事を投稿した後の約2時間くらいを勉強に充てられています。その間に0歳児がミルクの時間になっても、妻が対応して集中させてくれています。

ただ、育児免除で勉強する場合、結果が伴わないと妻の評価が得られませんので今後の時間の使い方に影響が出そうです。

やらないことの明確化で効率アップしたかも

育児中であっても、自分の時間はあります。

ただ、独身時代の独り身の時のような過ごし方は無理です。

育児の他に家事もありますから、それなりに時間がかかります。平日で、4時間無いくらい。休日で、通して9時間無いくらいの時間になると思います。

この時間も、連続してあるわけでないので、ずーっと1つのことに集中して取り組めるというわけではないです。ブログや勉強といった、ある程度集中してやらないといけないことは、途中中断しても即集中して再開できるようにしておかないと難しいかもしれません。

ただし、育児中ともなれば、自由な時間のありがたみは本当に理解できるようになりますので、だんだんと時間の使い方が上手になってくるはずです。

「如何にしても効率的に行うか」というよりかは、「これだけやる。他のことはしない」といったように、頭をひねる時間も勿体無い!と一番やりたいことをやれるようになります。

僕は、それがブログでした。なので、他のことがやりたいなぁと思う時、それをやるとブログを書く時間が減っちゃうかな?と考えて、余計なことをしなくなりました。

1つのことに集中できれば、それだけ成長スピードも早くなりますから結果を出すのもそんなに遠くはありません。育児中であっても、何か新しいことにチャレンジすることは十分可能です。

さいごに

もちろん、なんでも収入アップやスキルアップを狙いにいくだけが全てではないです。

やりたかったゲームやスポーツなどもチャレンジできますし、もともと行なっていた趣味も再開できると思います。

そのうち子供が大きくなっていろいろ理解できるようになれば、自分の好きなことを教えて一緒に趣味を楽しむなんてこともできます。

時間を大事にして、自分のため、そして家族、将来の子供のために今を楽しんでいきましょうね!

-ライフスタイル, 結婚・妊娠・子育て
-, ,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.