ライフスタイル 結婚・妊娠・子育て

子育てに疲れた父親の逃げ道

子育て大変ですよね!

僕も2児の父親ですが、お家では子供の動向に常にアンテナを張っているので、体力的にも精神的にも会社勤めのときとはまた違った疲労が蓄積されています。

でも、僕はなんとか日々育児を行なっていますし元気です!日常でイライラするようなことはほとんどありません。

それには、僕なりの工夫があります。

そこで、育児にお疲れ気味の父親に向けて、僕はの育児の逃げ道について説明したいと思います。

子育てプラス妻対応で疲れてるかも?

いきなりですが、その疲れ、育児によるものですか?

もしかして、ママの対応の仕方によるものかもしれません。

僕の家では、育児初期こそなかなかの張り詰めぐあいで意味もなく当たってこられたりしました。
自分の家なのに、家にいる人から「あーだこーだ」言われると本当しんどいですよね?

妻も僕のブログを読んでいますので、この点については心配無用です。たまに、この頃の荒れ具合をネタに話して笑えるような関係にはなっています。

つまり、育児そのものより、ママによる育児要求に対して、精神的に参ってしまい結局子供も相手も億劫になり、雑になり、それによりママの不満も高まりと、ネガティヴスパイラルに陥ってしまうわけです。

そうなってくると、とにかく周りの人間が煩わしくなり、家にも帰りたくなくなります。
そうなってしまっては、家庭崩壊真っしぐら。本当に大変な事態になってしまいます。

1人でさっさと子供を遊びに連れていく

対処方法として、おすすめなのが「自分1人で子供を遊びに連れていく」ことです。

メリットは3つあって、どれも効果は絶大です。

  • 子供はパパと遊べて大満足で疲れて寝る
  • パパは意外とすることが無くて平穏
  • ママも1人になれる

子供はパパと遊べて大満足で疲れて寝る

子供はレアなパパと遊ぶことに大興奮してくれますし、がっつり遊んで満足すれば、疲れて寝てくれます。

寝てくれたら、自分は好きなことをすることが出来ますし、パートナーから子供の世話についてあれこれ言われることはありませんから気が楽になります。

パパは意外とすることが無くて平穏

自分1人で子供を遊びに行くのが大変だと思っている人は、実際行ってみればそんな恐れているほどのことではないことに気づくはずです。

実は、パパは子供と外にお出かけしても意外とすることが無くて平穏に過ごすことが出来ます。

子供に危険が無いか監督することと、オムツや水分補給におやつ、あとはアスレチックの補助くらいです。

ベンチのある公園や、遊具のある商業施設など、自分も疲れたら休憩できるような施設で、オムツ交換など簡単にできる授乳室や優先トイレがあれば難なく過ごすことが出来ます。

その間、自分が先に挙げた監督等していますが、他に自分にあれこれ言う人はいません。子供も好きにあちこち行けるので愚図りません。自分は後ろから付いて行くのが基本で、のんびりとした時間を過ごすことができるのでストレスが増えません。

確かに、テレビゲームや漫画など楽しむことは出来ませんし、ゴロゴロ寝てることは出来ません。ただし、スマホゲームならプレイすることが出来ます。ストーリーを楽しむようなゲームは難しいですが、「ポケモンGO」なら楽しめます。

ポケモンGOなら、ポケストップを回すかポケモンを捕まえるだけでも十分面白いです。ガチでジム戦をするとなると、一箇所に止まる必要があるので子供連れだと向いていません。

ただ、ARでポケモンを子供と一緒に探して見つけて遊んだり、子供とポケモンの写真を撮って遊んだり、子供と一緒ならではの遊び方も出来て、子供も楽しめます。

お出かけついでに、パパの行きたいところに行こうとするのはちょっと大変ですから注意です。子供の遊び目的のときは、子供を自由に遊ばせることを第一にするのが最善です。

ママも1人になれる

そして、第一に、パパが子供を連れ出せば、ママが1人になれるという点です。

可愛い子供であっても、イライラしてしまうのがママというもの。

そこで、子供を遊びに連れ出してしまえば、ママは1人になりクールダウンすることが出来ます。

その時間は、家事しようが何しようが関与しません。お願い事などすると、用事をこなすので時間があっという間に無くなってしまいます。

静かにただ過ごす時間があるだけでもストレスは解消していくはずです。

そうなれば、ママからのあーだこーだが無くなりますから、自分もイライラすることもありません。みんなハッピー!!

用事があるのなら、昼食後に子供がお昼寝をしている時間で出かけてもらえれば、ママも1人でスムーズに用事をこなせます。何より、今度はパパが家で1人になれますから、ゲームなり漫画なり、子供と一緒にお昼寝なり楽しんでくれたらいいのです。

子育てをしない理由を作る

次に、裏技的に育児をしない理由を作ってしまうという手もあります。

これは、育児免除になるかもしれませんが、その代わり「結果」を求められるシビアな手法になりますので、安易な提案はしないほうが良いでしょう。

ちなみに、僕は、育児もするし紹介する手も併用することで、妻より信頼を勝ち得て、基本的にやりたいことをやれる生活を手に入れています。

ブログを書く(仕事をする)

1つは、ブログを書くということです。

つまり、副業する仕事してお金を稼ぐということですね。

お金を稼ぐという重要なことだからこそ、わずかな時間でも育児より仕事と優先させてもらうというやり方です。

あえてブログと書きましたが、在宅で行う副業ならなんでもいいと思います。ブログは実際僕が行なっていますし、家族に緊急事態が発生しても即対応でき、基本的にお客様から電話で問い合わせが来る心配もなく、騒音が発生するような作業も必要なく、パソコンだけでできるのでおすすめです。ブログで稼ぐ方法はこちらの記事で紹介しています。

絶対に収入を得たい初心者のための稼ぐブログの作り方|収入を伸ばす運営方法

子供が生まれれば、お金がいくらあっても足りません。そこで、あえてさらに仕事をしてしまうことで、時間の使い方を育児より仕事に優先させてしまうことができます。

勉強する

あえて、スキルアップのための勉強をするのも良い手法です。

仕事で必要とか、転職に有利など、スキルや資格取得のために勉強することで、育児より時間を優先させることが可能になります。

勉強した結果、資格を取得して手当てが増えたとか、条件の良い仕事に転職できたとなれば、ママも応援してくれたかいもあり大成功です。そうともなれば、ママもの評価もアップして、子供に対しても頑張るパパをアピールでき尊敬を勝ち得ることができます。

ただし、勉強する場合には、明確なゴールが無いと周りの人も協力しづらいです。会社の手当の仕組みとか、具体的な転職計画など、「この資格を取ったらどうなる」といった情報が無いのなら、やめておいた方が無難です。

さいごに

ここではパパ基準に説明してきましたが、大事なことは、1人になる時間は夫婦共に必要だということです。

毎週ある休日は、夫婦2人とも、1人になる時間を作って、休息しないとダメです。

疲労は、本当に人間を変えます。どこかの国の実験で、睡眠をさせないという実験があったらしいのですが、その際の実験の人間はだんだんと凶暴になっていったらしいです。

夫婦、そして家族みんなで楽しく暮らして行くためにも1人の時間を作っていきましょう!

絶対に収入を得たい初心者のための稼ぐブログの作り方|収入を伸ばす運営方法

ブログの作り方を初心者のためにわかりやすく解説しているページです。 手順通りに行なっていけば、ブログ収入の仕組み、ブログの作成の準備段階、ブログの作り方、記事の書き方、そして運営方法までわかるようにま ...

続きを見る

-ライフスタイル, 結婚・妊娠・子育て
-, ,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.