自己啓発

くだらない人生の3つ理由とは?人生を面白くするコツ

人生をくだらないと思ってしまうことには3つの理由があります。

その理由がわかればいくらでも人生を面白いものに変えることができます。

ここでは、くだらない人生の3つの理由から人生を面白くするコツを説明していきます。

いつも誰かの仕事をしている

それは、いつも誰かの仕事をしているからです。

上司の?先輩の?それとも、取引先の?あの人の?

いーっつも誰かの仕事をしていては、仕事をした結果「どうなる?」ということが全く見えてきません。

しかも厄介なことに、誰かの仕事こそ、頼んできたその人にこの仕事をするとどうなるか聞いたところで、感銘を受けるような答えを言ってくれることはありません。その人もまた、誰かの仕事をしているからです。

つまり、わからないままだからこそ、意味があるのかないのか、良いのか悪いのかが考えることができずに無為に仕事してしまうのです。

仕事を面白くするのであれば、誰かの仕事も自分の仕事として取り込まなくてはいけません。

そして、その仕事が1から10まであるプロセスの中でどの位置なのかを自分で考えます。この仕事は必要なのか、今無駄なことをしていないか、自分で問題を作り出します。

誰かの仕事のままだと誰もわからないままですが、いざ自分の仕事となれば真剣に取り組むことができるのです。それは、自分の報酬が給料として決まっていたり、限られた時間の中で勤務しなくてはいけない制限があるからこそ、「割りを良く」したいのです。

そのためなら、頭をフルに回転させて効率を考えることができるのです。

自分で考えることが、仕事を面白くするコツなんです。

いつも誰かの期待を気にしている

人生がくだらないなら、それはいつも誰かの期待を気にしているからです。

誰かが考えているあなたの在るべき姿を目指して、あなたが一生懸命頑張っているからくだらないんです。

そのあなたの在るべき姿は、正しいんですか?
なぜその人の言う通りに信じているんですか?

もしも、あなたの在るべき姿に到達したときに、また違う誰かが「それはあなたの在るべき姿じゃない」と言われたら、あなたは何て答えますか?

盲信したり他人に自分を委ねることは、とても楽です。
だって、何かあっても、その誰かのせいにすればいいんですから。

自分で考えることを放棄することは、楽になっても、楽しくはありません。

楽なのは思考停止状態なだけ。どうあるべきかは常に考え続け自分で答えを出して試していくしかありません。

いつも誰かを待っている

人生がくだらないとき、あなたはまた誰かを待っていませんか?

誰かが助けてくれる?答えてくれる?代わりにやってくれる?

そして、そのあとどうしていますか?

あなたは、誰かが来てくれたあと、変わらずまたいつもの通りになっています。だから、ふと正気に戻った時にくだらなく感じてしまうのです。

なぜ困ったことになったのか問題として取り上げなくてはいけません。頭を使って解決するように動かなくてはいけません。

誰かがやってくれたなら、その方法をしっかり自分のものにしないと、あなたは空っぽのままです。

誰か任せは、確かに楽かもしれませんが、やっぱり楽しくはないのです。

主体性を持てば人生は楽しくなる

共通しているのことは、自分で考えてやってみること。

つまり、主体性を持つことです。

それは、自分の人生のコントロールを握ること、思うがまま自分が動くことです。

理想でも、欲望でも、なんでも自分でそうしたい、こうなれば良くなるとそれに向かってあれこれ考えて動くことが、人生の面白さです。
自分で決めて、やってみて、変化する。それが面白いんです。

誰かがやっているゲームを後ろで見ているだけでは何も面白くありません。
でも、自分で考えた攻略法をやって見てもらったり、自分でプレイしてみたなら面白くなります。

他人が全クリしたゲームのデータだけもらって一体何を自分が成し遂げたっていうのかわかりませんよね。誰にも自慢できないし、そもそも過程もわからないからなんの話もできません。

自分がやる。それが人生を面白くする秘訣なんです。

さいごに

以上、くだらない人生の3つ理由とは?人生を面白くするコツを説明しました。

学校や会社の組織にいると、分業が前提となってしまい、ついつい楽なポジションになって、真面目に行動している人を斜めに見てしまうことがあります。

でも、大真面目になんでもかんでもやってみる人間は、失敗の数も多く成長の度合いも段違いです。しばらく合わないうちに、出会った頃と全然違うことをしているなんてザラです。
それは、自分で考えてやってみた結果、合う合わない、良し悪しをどんどん判断しているからこそできるわけです。
そう言うアグレッシブな人は、大いに人生を楽しんでいます。

性格が内向的だからと言うのなら、いきなり何事も積極的にとは言いませんから、まずは何か1つ「これってこのままでいいの?」と問題にしてみてください。それを、自分で答えを見つけて解決できれば、主体性を持ったと言って良いです。

できることから一歩ずつ試して人生を面白いものに変えていきましょう!

-自己啓発
-, ,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.