副業

初心者が知っておくべき副業のデメリットとは?

投稿日:

副業にはデメリットがあります。

デメリットを理解せずにいると後々「こんなはずじゃなかった」と後悔する羽目になってしまいます。

お金を稼ぐにはそれなりの苦労がありますから、最初に知っておきましょう!

お金を使わないといけないデメリット

1番のデメリットといえば、「お金」です。

「え?副業をするんだから、お金を貰えるんじゃないないの?」

なんて、疑問出てくるかもしれませんが、それって結局雇われ意識が強すぎるからです。

単純に、本業終わりにバイトして給料貰うような副業であれば、確かにお金はかからないかもしれません。

しかしながら、副業するのに、貴重な時間をアルバイトに費やしてしまうのは、非常にもったいないことです。

今はネットを活用した副業を個人レベルで参入することができ、個人レベルだからこそ企業が出来ないニッチな副業ビジネスを行うことができます。

ただし、ここでお金のデメリットが発生します。
なぜなら、どういう副業ビジネスがあるのか調べなくてはいけません。
調べれば調べるほど疑問が生まれますし、さらに書籍や雑誌の購入費用もかさむでしょう。

ネットを活用ということは、自ずとパソコンが必要そうであることは想像できるでしょうし、関連ソフト、一眼レフカメラ、サイトを持つならサーバドメイン代なども掛かってくることになります。

準備段階から、開始して、さらに維持していく必要もあることから、初期費用とランニングコストはかさみます。

ただ、忘れてはいけないのは、副業はお金を稼ぐものですから、お金をかけるほどお金を稼げるようになるという仕組みがあります。勉強や道具にお金をかければそれだけ仕事の質や効率が高まるからです。

お金を失うかもしれない恐れを抱いて、何もしないのか。

お金を使って、副業を始めて、大きな収入を得て豊かな生活を過ごすのか、はあなた次第です。

時間を無駄にしてしまうデメリット

副業をするためには、本業の終わりか休みの日の時間で行う必要があります。

ところで、普段、帰宅後や休日には何をしていますか?

ご飯を食べて、テレビや動画を見て、今週発売の雑誌や漫画など読み、ゲームをしたりゆっくりお酒を楽しんだりします。家族や友達や同僚と外出して、気付けば夕方まで遊んでた、なんてことはいつもの事でしょう。

本当に楽しいですよね?

副業をするために、楽しいことを辞めなくてはいけません。

これは本当にやめないといけないので、副業をおすすめする僕としては心苦しい事実です。

なぜなら時間というのは限りがあって、毎日の時間の上限は24時間になっています。その時間の中で生活や仕事をしているのですが、おのずと余りの時間をどう使うかが副業を成功させるポイントになっています。

副業を成功させるためには、時間をたくさんかける必要があります。それも、毎日です。まさに、継続は力なり、継続しなくては結果がついてこないからです。

副業をするなら、やはり、生活と仕事は必要最低限にとどめ、副業とそれに係る作業についやさなくてはいけませんから、どうしても遊びの部分を大きく削らなくてはいけないのです。

しかも、副業について調べて、準備し、始めて、しばらくたって「これ俺に向いてないな」なんて思いやめてしまったらどうでしょう。本当に、時間を無駄にしたと思ってしまう怖さがあります。

時間をかけることで、後悔するかどうかは自分の考え次第なところがあります。

自分で良いかもしんないと調べてみて始めてみて、やっぱりダメだった場合、ただ「無駄だったわ」と思ってイライラするのは非常にもったいない考え方です。やっぱりダメだったとしても、ダメなことがわかったのは実際行動したからです。経験したからこそ理解できた、ということは自分の人生にとって必ずプラスに働きます。

今後、無駄なことはせずに、本業にプラスになるようなスキルや資格の取得に全力で時間をかけて取り組むようになるかもしれません。ほかで副業でいくら稼いだという声が聞こえてきても、すでに試して自分には合わないとわかっているんですからブレることはありません。

自分の人生をまっすぐ生きるために必要な時間の投資だったと考えることで、副業にチャレンジしたことも素晴らしい経験として活かすことができるのです。

立場を悪くするかもしれないデメリット

副業をした結果、思わぬところから、バレるかもしれません。

うっかりお酒のせきで同僚に口すべったり自慢したりした結果、上司に報告されてしまった。サイトに名前顔出しで副業していたらたまたま上司に見つかってしまった。確定申告や税金について対応がおろそかになっていて、住民税が高くなり不審に思った会社から事情を聞かれた。

こんなこと、あるかもしれません。

そうなると、勤めている会社次第にはなりますが、なんらかの対応があるかもです。同僚や上司から、不審に思われたり、最悪余計な詮索やタカリが発生し会社に居づらくなったりするかもしれません。

副業をする上で、まずはそれとなく会社の規則などについては調査した方がいいでしょう。それで、届出などで済む場合には済ませておけば良い話です。税金についても、自分でしっかり納付するように確定申告をすれば問題ありません。

同僚や上司からの色眼鏡については、会社の承認があっても基本黙っておく方が煩わしくなくていいです。

もしも、会社で副業が禁止されていたら。

さすがに構いやしません、やっちゃいましょう!とは大きな声では言えません。ただし、副業をやるメリットは大きく、収入を得て、真の自立ができて会社へフィードバックも期待できるとなると、禁止だからやらないなんてそれでいいのか?とは思ってしまうところです。

さいごに

やるやらないは最後は自分次第ですが、やらなければ「今」がずっと続きます。周りを見渡して下さい。10歳年上の先輩や上司が、あなたの未来です。ちなみに出世しない方がマジョリティーですから、平社員の方があなたの未来である方が可能性は高いです。

どんな身なりで、どんな生活をして、どんな仕事ぶりで、どんな会話をしているかよくよく観察してみましょう。あなたの未来の姿はどうでした?それで、あなたは、どう思いましたか?

願わくば、理想の上司と素晴らしい会社に恵まれていて欲しいですが、すでに副業について調べ始めているあなたのことですから、悲しいことにそうじゃないかもしれません。

自分の人生をどう生きるかは自分次第。一歩踏み出さなければ決して広がらない世界を今あなたは覗き込んでいるところです。

さて、どうします?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユキズ(@yuki_PHZ)

ユキズ(@yuki_PHZ)

働き方改革によって迎える令和元年は、まさに副業元年ともいえます。自分や家族の生活のため、よりよい暮らしや豊かさを求めて副業を始める人たちのためにナイスな情報を提供しています!

-副業
-

Copyright© バレない在宅副業ならブログ収入だ!!ナイスな副業の始め方 ナイススキル , 2019 All Rights Reserved.