ネットビジネス 副業

初心者が副業を成功させるコツ

これから初めて副業を始めるときに不安なのが「本当に稼げるかな」「失敗したりしないかな」などのこと。

そこで、初心者であっても副業を成功させるコツについて説明していきたいと思います。

何を副業とするのか?

副業を何にするのかは第1のステップとして重要なポイントです。

もし、選んだ副業が自分に合わないものであると継続するのが難しくなることがありますから、事前の検討は行いましょう。

では、どのように副業を決めたら良いのか見てみます。

本業に近い仕事を副業とする

このパターンの副業であれば、初心者でも始めやすく収入が得やすいです。

しかし、デメリットとして、会社の承認が得られるのかどうかというところでつまづく可能性があります。
単純に、A商品を販売する会社に勤めていて本来Bさんに10000円に売るところを、あなたがBさんにA商品や類似商品を5000円で売ってしまった場合、会社にとって不利益を被らせたことになってしまいます。

こうなると、ただ副業がバレただけてばなく、規則により処罰まであることだって考えられます。

本業の仕事をそのまま個人レベルまで規模を落とすことで、始めやすく稼ぎやすくはありますが、副業として行うには躊躇してしまうのも事実です。

趣味を副業とする

次に、趣味を副業とするのも、初心者には取り掛かりやすいでしょう。

趣味なら新しく始める大変さはありませんし、趣味でお金を稼げるようになればとても楽しく過ごせること間違いありません。

作品を作る、ゲームのプレイ、プラモデルの組み立てる、ギターの演奏、スポーツなど世の中にはたくさんの趣味がありますが、どんな趣味であっても、「教える」という商売が成り立ちますから人気があります。

ハンドメイドアクセサリーやBGM製作など、作品そのものを売ることだって可能です。

しかも、これらはアルバイトをすることと違って自分で値付けをすることができるので、コツコツ稼ぐ事も大きく稼ぐこともできるんです。

ただし、趣味を副業としてしまうデメリットも存在しています。

それは、最初はどうしても集客が乏しく売上が生まれません。それでも、仕事をしなくてはいけないので、とにかく作ったりしなくてはいけません。

そうして、せっかく楽しんでいた趣味が売上のない中で義務感を持つようになり苦しくなってしまい、副業をやめたり趣味自体やめてしまう恐れがあるのです。僕も経験があるのですが、ゲームの攻略をブログで行なっていたことがありますが、だんだんとプレイすることがしんどくなってしまったことがありました。

いつかはやってみたかった興味があること、面白そうなことを副業にしてみる

初心者におすすめしたいのは、興味があったことや面白そうだからやってみようと思っていたことを副業にすることです。

つまり、副業のために新しいことにチャレンジするのです。

副業そのものが新しいことですから、その中身が初めてのことであっても、心機一転興味があったことを調べたり準備することはワクワクして楽しいものです。

もし、上手くいかなくても、合う合わないハッキリしますし、物は試し!の精神ですから撤退しやすいです。

新しいことについて、調べたり勉強したりするのは集中して取り組むことができるので飲み込みが早くなります。

また、その段階で思ってたより難しそうと感じたり、逆にこれならすぐ出来そうだと気付くことができます。

時間的にも金銭的にも許す限り調査してみましょう。

副業は楽しく仕事ができなくては決して継続することはできません。だからこそ、興味があったりやってみたかったことから選ぶようにするわけです。

お金の現実を知っておく

副業は無料じゃありません。どこかに加盟してその参加料があるわけでは無いですが、稼げる金額が大きくなる副業こそ初期投資が大きくなります。

例えば、時間いくらの副業としてアルバイトをするのであれば、ほぼお金はかからないでしょう。

しかし、ネットで物販するといった場合には、お金がかなり必要となります。初期投資をしなくては始めることすら不可能です。

パソコン、カメラ、通信費、仕入れ費用が最低でも必要です。パソコンカメラ通信費なら、もしかしたらすでに持っているかもしれませんが、事業として効率的に作業をするためによりハイスペックなものでなければ追いつかないかもしれません。

ちなみに僕のパソコンとカメラはハイアマチュアモデルですから、購入当時の金額でそれぞれ20万円くらいの計約40万円はかかっています。それでも、年数が経ったり新しいことをやろうとすると能力に不満が出てくるから、一度購入すればずっと買わなくていいわけではありません。

そして、肝心な仕入れ費用です。扱う商品や個数によりますが、数十万円は見ておきたいです。

これらのお金の問題は、最初だけではなく副業を継続していくためにずっと考えていかなくてはいけません。

その足がかりにまずは、初期投資の金額について具体的にまとめておきましょう。どれだけ万全を期そうともイレギュラーな支払いや、副業を始めてから必要だと思う機材が増えるものです。だからこそ、お金の管理は最初から行い習慣化して、数字を目で見ることができる状態にして、それを維持していかなくてはいけないのです。

働く時間を確保する

副業を行うということは、働く時間を確保しなくてはいけません。

どんな副業をするかで、時間帯や1日の作業時間はさまざまです。

しかし、働く時間を「いつ」「どのくらい」にすると明確にしておかなければ、副業を決めることが難しいですし、副業を始めてからでは全く時間が足りないとか、副業のお客様の対応が全くできないなどの自体に陥るでしょう。

例えば、平日の夜、と休日が丸一日が使えれるのであれば、その時間帯でできる副業をすることになります。

残業と救出が多く、確保できて日曜日のみなのであれば、自分の休息を取りつつも副業する時間を捻出しなくてはいけませんし、その限られた時間で稼げる副業を選ぶ必要があります。

シフト制で、平日土日が仕事だったり休みだったりして不規則な本業をしているのであれば、お客様と直接やりとりしたり対面で行うサービスなど予約が必要だったりする副業を行うのは難しい場合があります。

まずもって、自分の今の本業がどのような時間で働いていて、副業に当てられる休息を除いた余暇がどれほどあるのか「正確に」把握しましょう。

ぜっていに、「無理」してはいけませんよ。もし、家族や子供もいるのであれば、家族をないがしろにしながら副業に勤しむというのは非常にリスキーです。また、週に6日間働いて、もう1日を副業に当てて働くとなると完全にオーバーワークとなり体を壊す可能性もでてきます。

体の疲労を取る休息、家族との団欒、家事育児を除いた時間は、1日多くても2〜3時間程度に収まってくると思います。残業があるならば、仕事の日はもっと短くなります。

その限られた時間をしっかり把握し、「どう使うか」を検討することはとても大事なプロセスです。副業は自分の生活を豊かにするために行うものですから、副業したら体を壊して職を失ったなんて本末転倒な事態にならないように注意しましょう。

自己の責任で行うビジネスであることを忘れない

副業はれっきとした事業であり、自分の責任で行うビジネスであることをはっきり意識して忘れないようにしましょう。

それは、どこかでアルバイトをする場合でも、物販を行う場合でも一緒です。アルバイトであっても、自分を派遣して労働力を提供するビジネスと考えて、仕事の仕組みに支出や収入を管理しなければならないのです。

このことを絶対に忘れてはいけません。

自分で責任をとらなくてはいけないリスクがあるからこそ、大きく稼げる可能性があります。

リスクは仕事の失敗の補填かもしれません。また、自分の大切な時間もお金も使っているのですから、収入が得られなければそれらが無駄になってしまう恐れだってあります。

副業は、一労働者視点ではなく、ビジネスオーナーとしての視点を持つ必要がある難しい仕事です。自分自身が、副業を継続する中で得られる情報をまとめて分析し次の一手につなげたり、設備投資や事業撤退の決断をしなくてはいけないのです。

責任重大ですが、だからこそ、本業の収入を軽く上回るお金を稼ぎ出すポテンシャルがあるのが副業の素晴らしいところです。

さいごに

これまで、初心者が副業を成功させるコツを説明してきました。

  1. 何を副業にするかお話しし、興味のあることやってみたいことを副業とすることをおすすめしました。
  2. 副業には、お金が必要であり、その管理を継続して行なっていく必要性を説明しました。
  3. 副業をするにあたって、働く時間を無理なく確保する必要性を説明しました。
  4. 副業は、自分に責任があること、そしてビジネスオーナー視点をもつ重要性を説明しました。

一つ一つの事柄にしっかりと取り組んで副業を成功させましょう!

-ネットビジネス, 副業
-

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.