LIVA Z パソコン

【簡単10分】ECS LIVA ZのメモリとSSDの増設方法と手順【分解写真付き】

ECS LIVA Zシリーズは、裏蓋を開ければ、すぐに基盤にアクセスすることができ、ネジもプラスネジなのでプラスドライバーを準備しましょう。

裏蓋とSSD固定用のネジでサイズが違うので、プラスドライバーは2本必要になります。サイズは下記でも写真付きで書いてあります。

精密ドライバーセットがあると今後も役立てますよ。

合わせて読む
ECS LIVA Z Celeron N3350のSSD・メモリ増設レビュー【コンパクトパソコン】

メインのMacBook Pro15-inchが不調な事もあり、繋ぎとして話題のコンパクトPCのを購入することになりました。 購入する際には、メモリとSSDも同時に購入してセットアップする前に増設したの ...

続きを見る

合わせて読む
【超簡単】ECS LIVA Zの増設したSSDにOSを移行して起動ドライブにする方法【EaseUS Todo Backup】

LIVA Zはコンパクトで高性能さらにスタイリッシュと大人気なコンパクトPCを代表する存在だ。 そこには、唯一の欠点ともいえるSSD容量の問題があるけどそこはSSDを増設することで解決できる。 しかし ...

続きを見る

用意したECS LIVA ZとメモリとSSDと工具について

ECS LIVA ZとメモリとSSDについて

LIVA ZはCelerom N3350を購入しました。

SSDとメモリはアマゾンで物色し価格優先で検討。TCSunBow製のSSDとKingston製のノートpc用を購入しました。

LIVA Zも驚きの小ささでしたが、SSDもメモリのかなりの小ささでびっくりです。

工具は精密特殊ドライバーを準備しておこう

工具はJVMAC 59in1 精密特殊ドライバーセットを購入しました。今後も分解組み立てをすると思うので、いろんな形とサイズのビットが揃っているものをチョイス。

JVMAC 59in1 精密特殊ドライバーセットについて

写真ではわかりませんが、フレキシブルシャフトの下にもビットが隠れています。

エンドグリップのほか、フレキシブルシャフト合わせて59のビットがあります。

セット内容は次の通り。

      ビット種類

  • 【トルクス】T3/T4/T5/T6/T7/T8/T9/T10/T15/T20
  • 【マイナス】1.5/2.0/2.5/3.0/3.5/4.0
  • 【プラス】0.6/PH000/PH00/PH0/PH1/PH2
  • 【星型】0.8/1.2/1.5
  • 【JIS】J000/J00/J0/J1
  • 【ヘックス】0.7/0.9/1.3/1.5/2.0/2.5/3.0/4.0/4.5/5.0/6.0/G3.8/G4.5
  • 【Y型】Y0/Y0.6/Y1/Y0.6x50
  • 【ソケット】2.5/3.0/3.5/4.0/5
  • 【スクエア】SQ0/SQ1/SQ2
  • 【U型】6
  • 【三角】3.0

ビットをエンドグリップに差し込むとこんな感じになります。

フレキシブルシャフトをエンドグリップに装着したところ。

家に があると何かと重宝しますね。

ECS LIVA ZのメモリとSSDの増設方法と手順

ECS LIVA ZシリーズのメモリとSSDの増設は本当に簡単なのでやったことないっていう初心者の方も安心して行うことができますよ。

今回使うプラスネジ用のビットはこちら。ケースから二本飛び出ているビットです。

  • PH00
  • PH0

1.裏蓋四隅のプラスネジを外して裏蓋を取り外す

裏蓋のプラスネジを外すのは全く難しくないです。

ただ、裏蓋自体を本体から外すのが大変で、そこでドライバーでテコの原理で外そうとしようとすると傷がつきます。

写真のように、付属のディスプレイマウント用のネジを、裏蓋のマウント取り付け用のネジ穴に少しいれてから引っ張ると簡単に傷つけずに外すことができます。

2.メモリを溝にはめて押し込む

裏蓋を外せば、すぐに基盤があります。

メモリもSSDもすぐに取り付けられます。

さきにメモリを取り付けてみましょう。

差し込み口に差し込んだら、あとは爪がパチッとするまで押し込むだけです。

これでメモリは完了です。

3.SSD固定用のネジを外す

次はSSDを取り付けます。

SSDは一つだけネジを取り外す必要がありますので早速外します。

4.SSDを溝にはめる

特に爪等はないのでグッと差し込みます。

5.SSD固定用のネジを取り付ける

SSD取り付けたところの写真です。

6.裏蓋を取り付ける

あとは裏蓋を取り付けて、忘れずにネジを締めて終了です。

裏蓋にも向きがあるのでそこだけ注意です。

7.認識確認

無事写真のとおり、メモリとSSDが認識されています!

大成功!

さいごに

LIVA ZのメモリとSSDの増設交換作業は本当に簡単でした。

小型でコンパクトなところがウリですが、取り扱いやすさも人気の一つでしょうね。

LIVA Zのカスタマイズ増設したSSD及びCドライブ容量不足解消についてはこちらの記事も参考にしてください。

ECS LIVA Z Celeron N3350のSSD・メモリ増設レビュー【評判・評価】

【超簡単】ECS LIVA Zの増設したSSDにOSを移行して起動ドライブにする方法【さらに高速化】

【簡単】ECS LIVA ZのOSを移行した起動ドライブ容量を増やす方法【動画有】【Cドライブ容量不足解消】

36種のカスタムモデルをご紹介

LIVA Zカスタムモデルで増設手間不要!スペック別36モデルから選べるぞ!

-LIVA Z, パソコン
-,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.