WordPress チュートリアル

WordPressでインポートした画像が表示されない場合の対処法【Better Search Replace】

更新日:

WordPressでインポートした時に、記事を確認してみると、一部の画像が表示されなくなってしまった、なんてことになってそのままにしている人いるかもしれませんね。

ちょうど私も同じ症状になったので、自身で対策方法を調べてまとめてみました。

原因の特定をする

早速原因を調べます。

調べる箇所は2つある

画像が表示されていないのであれば、可能性としては2つ。

画像ファイルが存在しないか、画像のパスが間違っているか。

メディア一覧を見てみると、どうやらエクスポートとインポートは成功しているみたいで、画像もメディアに存在していることが確認できました。

では、次に画像のパスはどうだろう。記事の編集画面でビジュアルではなくテキストの編集モードに切り替えます。

あ、見つけました。

記事の文面自体もそのままエクスポートしているようなので、新しいドメインに変更した場合には古いドメインのまま記述されてしまっています。

このブログのドメインは、https://niceskill.comなので、https://wlzphz.comのままは間違いですね。

今回の症状では、ドメイン変更によるパスの違いで画像が表示されなくなっていることが判明しました。

対処法を考えてみる

原因がわかったところで、対処法は簡単です。

正しいパスに記述を直すこと。テキスト編集モードでどんどんペースト&ペーストしていけば直せます。

正しいパスはメディア→ライブラリから画像を選択するとリンクが表示されるのでわかります。

でも、いちいち手作業で直すなんて面倒くさいですよね。

実際、他の記事にも同じ症状が出てしまっていたとしたら、それを見つける手間と訂正作業が必要になってしまいます。

それを手作業でするには、Webやそもそもパソコンに携わっている人間としてはちょっとお粗末過ぎるかなと思います。

より楽な方法を考えてみる

ということで、何か便利な方法がないかと思い調べて見たところありました。

Better Search Replaceというプラグインを発見。

機能は、極めて簡単。言葉を検索して、一気に置換できます。

まさに必要としている機能ですね。早速インストールして使っていきます。

プラグインで便利な機能を使う

プラグインを追加で検索して、今すぐインストールします。

有効化したら、ツールの欄にメニューが追加されるので、クリックです。

Better Search Replaceで検索置換する

検索置換をする場合には、必ずバックアップを行ってから実行するようにしましょう!

使い方は、とても簡単です。

Seardh forの入力欄に変更したい対象の文を入れます。

Replace with変更後の文を入力します。

忘れずに、どのデータベースのテーブル内を検索するか指定します。

テーブルは、記事情報はwp_postsに入っています。

確認したい場合は、データベースから直接確認して見てください。

今回は、wp_potmetaも選択して置換したいと思います。

では、Dry Runにチェックしたまま実行して見ましょう。

Dry Runのままであれば、変更しないままテーブル内に変更したい文があるかどうか確認することができます。

問題なければ、Dry Runのチェックを外して実行して置換しましょう。

画像上部に緑ラインで実行結果が表示されれば、成功です。

記事のテキスト編集モードで確認して見ましょう。

しっかりURLが変更されていることを確認できました。

検索置換は便利な反面コツがいる

どのような文をどうすれば正しくできるかは、実際の文次第なので注意が必要です。

実際の検索置換作業の際は注意してください。

単純に、ドメインだけを変更しようとすると、他の記事内にあるリンクのアドレスまで置換してしまう可能性があります。

あくまで、画像のパスを変更する場合には、画像のパスがわかるところまで検索するようにしましょう。

例えば、https://wlzphz.comだけ検索すると、https://wlzphz.comへリンクしたいところもhttps://niceskill.com/に変わってしまってはダメですよね。

画像のパスであることがわかるところまで検索するにはここまで入力するといいです。

https://wlzphz.com/wp-content/uploads/

https://niceskill.com/wp-content/uploads/

 

wp-content/uploads/まで入力することで、アップロードさてた画像のパスであることを特定することができるわけです。

他に、検索置換のコツとしては、単語では無く、文章または可能な限り複数ワードで行うと特定しやすくなりますし、誤変換が起きづらくなります。

さいごに

以上、Better Search Replaceを使ったら画像パスの一括変更のやり方でした。

検索置換を安易に行ってしまうと意図しない結果になって、復旧がとても大変です。必ずバックアップを行なって下さいね!

-WordPress, チュートリアル
-,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.