ITスキル ITスクール

【体験談】デジタルハリウッドStudioのWebデザイナー専攻って実際どうなの?Webデザイナー・スキル・就職転職の気になるアレコレ

Webデザイナーを目指スキルを身に付けようとしたときに気になるスクールといえば、「デジタルハリウッドStudio」です。

かくいう僕もデジハリStudioの卒業生です。

なので、僕の体験談からデジタルハリウッドStudioの良し悪しを質問形式で挙げていきたいと思います。

デジタルハリウッドStudioって何?

クリエイター系スキルを学ぶ4年制デジタルハリウッド大学などを手がけるデジタルハリウッド株式会社が手がけるクリエイター養成スクールです。

本科と専科があり、本科は1年の全日制つまり普通の学校のようなクラス制スクールと、専科という主に社会人向けに仕事両立できる学習スタイルのコースがあります。

デジタルハリウッドStudioの歴史は古く1994年から続いている老舗なんですね。

デジタルハリウッドStudioの公式サイトを見てみる

この記事では、専科のWebデザイナー専攻について書いています。

プログラミングスクールと何が違うの?

デジタルハリウッドStudioのWebデザイナー専攻と比較して検討することが多いプログラミングスクールとはちょっと違います。

デジタルハリウッドStudio
Webデザイナー専攻
Webデザインに必要なPhotoshopなどツールの操作からHTML/CSSをメインに学習する 
プログラミングスクール 学習言語は、RubyやPython、JAVAなどがメイン デザインは二の次

あくまで、Webデザイナーになるための学習をするのがデジタルハリウッドStudioのWebデザイナー専攻です。

javascriptやjQueryも触りますが、触ってみるくらいで深くは掘り下げませんし、PHPやWordPressはオプションとなりそれぞれ2ヵ月分の追加のカリキュラムになります。

いわゆるWebエンジニア・Webプログラマーになりたい場合には、どちらも プログラミングスクールのDIVE INTO CODEなどに通う必要があります。

勉強する中身が、全く違いますので、デザイナーになるのかエンジニアになるのかで選ぶスクールは変わりますから注意してくださいね。

Webデザイナー専攻を卒業生が振り返って答えてみる

デジタルハリウッドStudioのWebデザイナー専攻の詳細について書いていきます。

ユキズ
卒業すると修了証がもらえます!

 

 

何を勉強するの?

Webデザイナー専攻で勉強するのは、次のツールやスキルです。

ツール Illustrator、Photoshop、Dreamweaver
スキル HTML5/CSS3、JavaScrip、jQuery
卒業制作 オリエンテーション・企画チェック・デザイン指導・コーディング指導・作品発表会
ライブ授業 Webデザイントレンド・UIUXデザイン・SEO・Webディレクション講座
・Google Analytics

AdobeのPhotoshopとDreamweaverはWebサイト制作に必須です。

Webデザイナー専攻の詳細を公式サイトで見てみる

どうやって勉強するの?

基本的には、映像学習です。

カリキュラムの授業は録画されているので、教室のパソコンで再生して学習します。

そのためクラス制ではありませんし、忙しい社会人でも自分の都合の良い時間に通学して学習できるわけです。

録画教材も、デジハリの名物先生がパソコン操作しつつ解説してくれます。こちらの画像の栗谷さんや久保田さんが基本的に登場しています。

どんなことしたの?

最初はツールの操作を学ぶカリキュラムをこなしてHTML/CSS言語に進み、JavaScriptとJQueryと進んでいきました。

ツールの操作では、実際に名刺を作ってみたり、簡単なイラストを書いてみて学びます。

カリキュラムを進めると理解度を測る実技のミニテストがあり、それを完成させてトレーナーのOKをもらうと合格し次に進めるという流れです。

HTML/CSSに進めば、実際のサンプルサイトを作成していく流れて、デザインやコーディングのコツも学ぶといった感じです。

 

卒業制作に入るために、学習内容の総洗いとして中間課題の制作に取り組みますがこれが初心者の最大の壁でしょう。

フレームワークとコンテンツのテキストと写真一式を渡されて、オリジナルサイトの制作をしないといけません。

めちゃくちゃ面白かったですけどね。

実は、この記事のアイキャッチ画像は僕の中間課題です笑 HDDの中に参考になるような画像が残ってないか見てみたらサイト丸ごとありました。

フレームワークやテキストは支給される

トップページと下層ページの2ページ分

こういった中間課題はそうですが、都度都度ある確認テストを現役デザイナーのトレーナーの人に見てもらい、その度にダメ出し(もちろん優しいです)や叱咤激励されながら作っていくわけです。

卒業制作って難しいじゃないの?

卒業制作のステップに入ると、学習というよりかはガチで制作に入ります。

スケジュールは決められているので、オリエンテーリングを受け、企画コンセプトを練り、企画発表会のためのスライド制作も行い、実際にWebサイトを作っていきます。

「なんのサイトを作るか」も自分で考えて見つけて決めなくてはいけませんから難しいです。

でも、トレーナーがいるので、困った時には相談して少しずつ進めていくことができますよ。

いよいよ、ラストの作品発表会では、同じ月に入学した同期のみんなの前で発表しトレーナーの講評やみんなからの意見などを聞きます。

卒業制作は、本当に通い詰めて通い詰めて作りました。みんなそうでした。締め切りってマジで大切。

トレーナーって何?担任の先生的なの?

トレーナーというのは、学習のフォローやサポートをしてくれる現役デザイナーさんたちのことです。

例えば、映像学習ですから、わからなかったところや課題でつまづいた時に先生には直接質問できませんよね?

そういう時に、トレーナーが待機してくれているので直接質問して疑問を解消することができます。

みなさん、本業のかたわらトレーナーとして働いているので質問の回答は具体性があって良いです。中にはデジタルハリウッド卒業生の人もいました。

デジタルハリウッドStudioの専攻はクラス制ではないので担任ではありませんし、毎日同じ人がいるわけではありません。

卒業制作のみ、同月入学のくくりで専任の担当トレーナーがつきます。

どんなコースがあるの?受講料はいくらくらいかかった?

現在、Webデザイナー専攻の受講料は45万円で、僕もこのくらいの受講料でした。

Webデザイナー専攻 6ヶ月(卒業制作2ヶ月含む) 450,000円
Webデザイナー専攻大学生向けWスクールプラン 6ヶ月(平日夜間を中心に学習) 300,000円
+オプション
WordPress講座
2ヶ月 88,000円
+オプション 
PHP講座
2ヶ月 88,000円

支払いについては、ローンを活用しました。

コースの詳細を公式サイトで見てみる

通うのは大変じゃなかった?

当時僕は、埼玉県の川越市っていうところに住んでいました。

通いやすそうな教室は新宿でした。

仕事終わりや休日を利用して、だいたい片道1時間で乗り換え一回くらいで電車で通っていましたね。

さすがに教室に対してもっと時間がかかったり交通手段が難しくなると大変になると思います。

続けられた?ドロップアウトする人はいた?

クラス制ではないので、自分と同期の人がどれだけいたのかはわかりません。

卒業制作の時に初めてみた顔の人もいました。なので、途中でやめちゃう人がいたかどうかはよくわかりません。

僕が仲良くなった人の中では、辞める人はいませんでした。

どんな人がデジハリに通っていたの?

ほぼ社会人でした。男女比率は50%くらいです。

僕が話すようになった人たちは、すでに就職していて、その会社内でのスキルアップを目的にしている人でしたね。

小耳に挟む中では、主婦の方でフリーランスとして働きたい人、親の事業をサポートしたい人、アフィリエイト用のサイトデザインにチャレンジしたい人などなどですね。

すごい人では、制作を請け負ったWebサイトをデジタルハリウッドStudioに通いながら作って納品していた人がいました。

yahoo!に転職を決めた人がいましたが、面接では出来なくても「出来る」って言って後から出来るようにしておけば問題ないと言っていた人もいました。織田信長みたいですね。

デジタルハリウッドStudioに通うメリット・デメリットは?

デジタルハリウッドStudioのメリット・デメリットは次の3つです。

トレーナーが現役Webデザイナーのために実務に使える知識やスキルを教えてもらえる

メリットはやはりこれ。トレーナーが現役Webデザイナーという点です。

やはりツールの使い方が手馴れたもので、ささっとPhotoshopを操作して手直しされたバナーがあっという間に生まれ変わった時は、「プロってすごい」って衝撃でした。

ほんまもんのデザイナーの手先を見るだけでもめちゃくちゃ勉強できますよ。

就職・転職支援サービスが整っている

イマジカの求人サイトで就職を決めると奨学金で20%キャッシュバックされるなどキャンペーンを行なっていたりしています。

フリーランスなどでも仕事を受けられるマッチングサービスのサイトもあるなど興味があるものについては利用してみるといいですね。

就職・転職支援サービスを公式サイトで見てみる

自分が知りたい領域についてトレーナーが完全に専門外なこともある

デメリットももちろんあります。

質問に対して、トレーナーが全くわからない場合もあります。

それはJavaScriptやjQueryで、プログラミング要素になると顕著でした。

どうやら実際の業務で縦割りなためにデザインとフロントエンドは別だったようで、当時回答してくれるトレーナーは一人だけでした。

通えるところに教室がないと学べない

通学制スクールなので、通えなければ学べません。

今なら全国22つ開校しているので通いやすくなりました。

最寄りのデジハリを公式サイトで探してみる

学習期間中は本当に忙しいので覚悟しておく必要がある

デメリットな訳ではないのですが、受講中は本当に忙しくなります。

特に中間課題から卒業制作に掛けては、がっつりWebサイト制作をしているので正直他のことをする余裕がありませんでしたね。

発表会ギリギリまでブラッシュアップし続けますから。

つまり、転職活動やポートフォリオを作るなどの余裕が無いので、就職転職活動を具体的に始めるのは受講後になると思います。

卒業制作はポートフォリオとして使えるサイトを作るのが受講後すぐ就職転職活動ができるのでおすすめですよ!

フリーランスとして活動したいのなら自分の仕事募集するサイトとかね。

おまけ:デジハリ通って友達はできた?

せっかくの通学制スクールですが、友達ができるかできないかというと微妙ですね。過度な期待は禁物です。

クラス制ではありませんし、同期の人が誰なのかもわかりません。

それぞれがそれぞれのタイミングでやってきて黙々と勉強しているので、あまり雑談することもなかったです。

タバコ休憩の人は打ち解けやすそうでしたね。あとは簡単なパーティイベントもやっていましたし、受講生が自主的に企画していたりしていましたのでうまくコミュニケーション取ると良いですよ。

おまけ:デジハリの人たちで飲み会とかした?

とはいえ、僕も声を掛けて頂いて飲み会など参加させてもらっていました。

同い年だったり相性が良い人はいなかったので友達に発展することはありませんでしたが。

みなさん基本的に社会人なので羽を伸ばしすぎない良い飲み会だったと思います。

おまけ:デジハリで交際に発展してた人とかいる?

僕が周りを観察していた中にはいませんでしたね。

あまり期待しすぎない方がいいと思います。卒業制作めちゃくちゃ忙しいですから。

デジタルハリウッドStudioに通って結局良かった?

デジタルハリウッドStudioに6ヶ月通ってみて、結局良かったかというと。

僕は、良かったと言えます。

デジタルハリウッドStudioに通う前まで、ずっと独学で勉強していましたが、自分が当たっているのかどうか全くわかりませんでした。

それが、現役のデザイナーの人に、課題を進める中で褒められたりすることで独学でやってきた部分も肯定してもらったみたいでかなり救われました。

その結果、自信をつけた僕は、フリーランスで中小企業のサイト更新を請け負ってみたり、アパレル会社のECサイトのリニューアルをやってみたりと積極的に動けました。

 

また、独学で使用してきたどの書籍より、デジハリの教本の方が体系的でわかりやすかったです。もし知り合いが独学でWebデザイン勉強したいというなら、デジハリの教本をおすすめします。

デジタルハリウッドStudioに通って心残りはある?もっとやっておけば良かったことは?

僕がデジハリに通った目的が曖昧でした。本当スキルの確認として自分がどれだけやれるか知りたかったというのが動機です。

もし、デジタルハリウッドStudioに通うなら、「絶対に就職する」「絶対に転職する」など必ずゴールを作ると良いです。

ゴールから逆算し時間を無駄なく活用することで、卒業制作の終わりが見えてきた時点で他の転職エージェントサービスなども活用し、卒業後すぐ働けるようにすることが出来るようになるわけです。

ウェブデザイナーになりたい初心者がデジタルハリウッドStudioに通うならどのコースがおすすめなの?

僕が実際に通ってみた結果、初心者におすすめしたいのはWebデザイナー専攻+PHP+WordPressのコースです。

WordPressは必須なスキルですし、構成する言語のPHPも自ずと理解しておかないといけません。

静的サイトしか作れないとなると、就職転職やフリーランスとしての活動も出来ませんからね。

 

受講中に気づいたのは、JavaScriptで簡単なコードを書いてみることも、プログラミングしたことがない人にとってはかなり難易度が高いみたいなんです。HTML/CSSなどのマークアップ言語とは違うので目でみてわからないんですよね。

そこで、PHPについて2ヶ月掛けてじっくり学ぶことで、他の言語への対応力も養うことが出来ます。一言語できるようになると他言語は応用でできるようになりますから。

 

僕は結局PHPやWordPressについて独学で学びましたが、そもそもVisual BasicJavaを学んだことがあったので敷居は低かったわけです。その後、iPhoneアプリをObjective-Cで作りましたが独学です。

デジタルハリウッドStudioに一念発起して通うのであれば、必要スキルをまとめて習得した方が、結局のところ時間とお金の節約になりますからオプションもまとめて受講することをおすすめします。

ポイント

受講するなら、Webデザイナー専攻とオプションのPHPWordPressもまとめて学ぶ

一つの言語をとりあえず触っておけば、他言語も習得しやすくなる

デジハリの提携スクールでより実践的にWebデザインが学べる!?

デジハリでは、Web制作会社と業務提携してスクール開校しているところもあるので要チェックです!

デジタルハリウッド STUDIO by LIGで現役Webデザイナーから指導を受けてスキルアップしよう!

Web制作会社でとっても有名なLIGって知っていますか?もちろん知ってますよね!

メディア事業でもLIGのブログは月間500万PVでデザイナーだけでなくたくさんの人から読まれています。

LIGの公式サイトを見てみる

そんなLIGがデジタルハリウッドと業務提携した出来たのが、「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」です。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGのポイントとは?

Web制作会社のLIGが母体となって指導サポートしてくれるから実践に沿ったスキルアップが可能です。

Webデザイン専攻にWordPressも習得できるコースもあり。他には、Webプログラミンやネット動画スキルを習得できるコースまであります。

ポイント

現役のLIGのWebクリエイターから指導が受けることができるので現場レベルのスキルを習得可能

初心者でもWeb制作が可能になる基礎から最新スキルまで得られる最短6ヶ月間カリキュラム

就職・転職相談もプロに相談できる。フリーランス希望者にも提供サービスがある

LIGオリジナルの教材の利用やセミナーがある

なんと、Web制作会社だけあって、自社採用も行っています!

ユキズ
Webデザインを学ぶのも働くのもLIGだなんて素敵ですね!

デジタルハリウッド STUDIO by LIGのおすすめコースはどれ?

Webデザインするならまず間違いなくWebデザイナー専攻 +WordPress講座です。

Webデザイナー専攻
+WordPress講座
8ヶ月 ¥528,000

PHP講座は無いですが、WordPress講座内でプログラミングには触れます。

本家より1万円安いコースなのもポイント。

繰り返しますが、WordPressは必須スキルです。後から後悔しないようにWordPressはしっかり抑えておきましょう!

ポイント

LIGのブログもWordPressですが、このブログ(NICE SKILL)もWordPress

自分のブログを開設したいならWordPress

WordPressはPHP言語で出来ているから後から独学しようと思うと畑違いの勉強を行わなくてはいけないよ

デジタルハリウッド STUDIO by LIGの教室はどこにあるの?

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは現在、東京都内に2件あります。

上野校  住所:〒110-0056 東京都台東区小島2丁目20−11
LIGビル
JR御徒町駅から徒歩10分
銀座線 稲荷町駅から徒歩7分
大江戸線/つくばエクスプレス線 
新御徒町駅A3から徒歩1分
池袋校 住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目19-12 
山の手ビル東館 6F
西武鉄道池袋駅 東口から徒歩5分

通学制スクールで、平日夜22時、土日20時まで開校で自分の都合に合わせて通うことが可能

都内にお住いの方、利用路線でだいたい片道1時間くらいで行けそうならおすすめのWebデザインスクールです!

\無料説明会で体験してみよう/

-ITスキル, ITスクール
-,

Copyright© NICESKILL , 2019 All Rights Reserved.