孤独と不安

自分を嫌いにならないで!自分を変える3つの思考と行動

更新日:

スポンサーリンク

自分というたった1人の存在を嫌いになってしまうのはとても悲しいことであり、そしてもったいないことです。

せっかく生まれたからには、自分を大好きになり、そして楽しく生きていきたいものです。

そこで、ここでは、自分が好きになれるように、自分を変える3つの思考と行動を説明していきます。

好きなことを見つける。好きなことをする


好きな自分とは、そもそもどういう人になるということでしょうか。

それは、明るく楽しく生きてる自分のことなら、好きになることができます。
そういう自分を想像するだけでも、ワクワクするものです。

では、明るく楽しく生きるには、何をすればいいのかというと、ずばり、好きなことをすることです。

好きなことをするということは、自分に余計なことを考えさせません。
余計なこととは、将来の不安や人間関係の問題などです。

好きなことは、自分を夢中にさせ、熱中させることができます。
好きなことが物作りやスポーツの場合、そのやっている最中には、やってみて、考えて、試してみて、をひたすら繰り返し、よりうまくより早く出来るようになるために行動し続けます。
上手くなるたびに、上手くなったがゆえの、壁にぶち当たりますが、その問題をクリアするための労力も惜しむことはありません。

好きなことに関することは、どれだけだってやってしまえるのです。

そして、好きなことをしている人は、とても強いです。
仮に、学校の成績が低かったって、仕事が上手くできなくたってへっちゃらです。
なぜなら、好きなことをすることに気持ちが100%向いているからです。
例えば、学生であっても会社員であっても、学校の勉強や仕事の事を考えている時間がないのです。
それでいて、将来の恐れや不安も感じません。

それよりも、好きなことで頭がいっぱい。
楽しくて仕方がないのです。

もし、勉強や仕事が好きなことであれば、ひたすらやっていることでしょう。

好きなことなら、いくらでもやることができる。
なぜなら、それがとても楽しいから。
好きなことで将来食べて生きたいとも思ってないほど、とにかく今が楽しい。

それほどまでに、好きなことっていうのは、自分を輝かせてくれるのです。
だからこそ、自分を好きになるための第一歩は、好きなことをすることなんです。

もしも、好きなことがないやということなら、好きなことが見つけましょう。
勉強や仕事のことがよくよく考えたら、めちゃ好きだと思えるのならば、収入も増えて、生活も余裕がでて嬉しいですね。

世の中にたくさんの趣味がありますから、気になるものから試してみることです。
アウトドア系やインドア系、初期費用が高いものから安いものまで様々なものがあります。

重要なのは、気になったら、あれこれ考えずやってみることです。
面白そうかもしれない、近くに施設や自然があるから、など動機など些細なことでよいのです。
最初から、時間がないとか、お金がないなどで諦めてしまってはどうにもなりません。
時間を作れないか、お金がなくても楽しめるものは無いかと探してみましょう。
自分がそうして行動することで、ある時、身近にあっても気にもとめていなかったことに、一気に興味が惹かれるものだからです。

完璧を目指さない。その時出来ることをできるだけやる

何をやってもうまくできないと思っている人は、もしかしたら、いつも完璧を目指している人なのかもしれません。
それでは、なんでもいきなりうまく行くことは少なく、完璧に出来るということも人間である以上難しいものです。
しかも、完璧は本人が作ったハードルの高さの場合もあり、それでは、いつまでやってもどこまでやっても達成することは叶わず、いずれ自己嫌悪に至ってしまうでしょう。

何事も完璧を目指さないことが、続けられる秘訣なのです。

その時のあなたの力量やかけられる時間の量で出来ることは決まってきます。

それで良い、ということをしっかり理解することが必要なのです。

例えば、資格試験や受験で満点を取ることを目標とすることはあまり意味がありません。
そもそも、目的は資格の取得や合格なはずです。
極端な話、資格取得や合格しても、満点が取れなかったことに、自己嫌悪していては、とてもじゃありませんが生きていることすら苦痛になってしまいます。

限られた時間の中で最大限、というよりも最低限の目的を達成できれば良いわけです。

その目的が、合格をすることです。そして、その合格のために、スタート位置から、少しずつハードルを上げて行くことがポイントになります。

最初から、目的達成レベルの高すぎるハードルを設定しても難しい話。

少しずつ、少しずつ行なって、毎日の積み重ねを大切にしましょう。

毎日、1日を振り返って満足する。今日の自分を認めてあげる。

自分にできることは、限られています。

あれもこれもしたくても、できることは、ごく僅かなことだけです。

どんな崇高な目標を立てたとしても、それを今日叶えることはできません。むしろ、大きな夢であればあるほど、叶えられなくなります。

1日に24時間あっても、その三分の一は睡眠で消えます。もう三分の一は、日中は仕事、休日でも所用で無くなります。
残りの8時間もまるまる自由なわけではありません。食事や家事をしなくてはなりませんし、入浴する時間も必要です。
人間なのに一切の休息もしないという訳にも行きません。
すると、1日に置いて、純粋に、自由な時間というのはほんの2〜3時間しかないのです。

そのたった数時間で、できることなど本当に微々たることなのです。

でも、それを否定する必要はありません。
遅いから、不器用だから、時間がなくなってしまうなどと、自己嫌悪することなんてありません。
誰しもそうだし、生活も仕事も生きてく上で切り離せません。

何か特別に仕事と生活にプラスして行うのは、それが最大の時間なのです。
それしか無いんだと、割り切る必要があるのです。

その数時間を計画的に効率よく、時間を大事にしようということではありません。

自分の行いを認めるということです。

あなたの過ごした今日を認めてあげてください。
今日も1日、色々あったけど楽しく過ごせたなぁと満足して下さい。

しっかり認めて、満足する。

あなたが自分を認めてあげて、あなたが満足するのです。

自分を責めるなど全く必要ありません。
反省は二の次で構いません。

美味しい食事を摂り、時間をかけて入浴をしたら、暖かいベッドや布団に包まり、自分を褒めてあげましょう。

1日では確かに大きな前進は難しいかもしれません。
ただし、確実に前進することはできます。

決して、計画通りにできなかった、進められなかったことに、自分を責めないようにしてください。

あなたの思い描いている将来のために、今から変わっていくために、できることが満足し認めることなのです。

おすすめ
25歳を過ぎたら手遅れ?そんなことない!人生を後悔しないための具体的な3つのやり直し方

この方法は抽象的ではく具体的に提示する案になります。 本当に苦しく、孤独感や絶望感を感じていて、藁にもすがりたいと感じているあなたに対してのプランです。 このいずれの方法も当ブログ著者の経験を、良かっ ...

続きを見る



読んでおきたい厳選おすすめ記事

1

この方法は抽象的ではく具体的に提示する案になります。 本当に苦しく、孤独感や絶望感を感じていて、藁にもすがりたいと感じているあなたに対してのプランです。 このいずれの方法も当ブログ著者の経験を、良かっ ...

2

おすすめ スポンサーリンク 孤独は、ひとりぼっちのため確かに寂しさがあるかもしれません。 ただ、孤独だからこそできることもあります。それを記事で説明しています。 これから会社で必要な資格の取得のために ...

3

おすすめ スポンサーリンク 職場でふと孤独を感じた時、それはあなたにとって何か物足りなくなっているのかもしれません。 充実した私生活や、明確な目標があれば、職場のことは二の次三の次として自分にとって依 ...

-孤独と不安
-,

Copyright© 孤独な社会人の生き方 , 2018 All Rights Reserved.