孤独と不安

将来?もっと自分に合う仕事?仕事をする上で感じる不安を解消する方法

更新日:

スポンサーリンク

仕事をしていく上で、さまざまな不安を抱えるようになっている社会人たち。
将来を悲観したり、自分にはもっとふさわしい仕事があるんではないかと現状に不満を思ったりしています。

さらには、仕事の不安は収入面によりプライベートへの影響も計り知れません。

あなたは仕事の不安は、速やかに解消へ向けて働きかけないと、少しずつ心が弱っていってしまいます。そうすると、近い将来ノイローゼになって仕事どころじゃなくなってしまいます。

ここでは、仕事をする上での不安を解消する方法を説明しています。

理想の自分と現実の自分のギャップに固執しない


あなたが不安に思うのは、自身が考える理想の自分に、現実の自分がなっておらず、それによって目標とする将来を叶えられないのではないかと考えているからかもしれません。

こうあるべきという理想は、理想というだけあって、現状の自分とはやはり違います。

さらには、理想の自分から見た現状の自分があまりにも、ダメだと思ってしまう状態であれば、なおのことギャップに苦しむことになってしまうでしょう。

たしかに理想とする自分を目標として、頑張っていくのは一見して素晴らしいことなのかもしれません。

しかし、そこで、現状の自分を否定してしまうほど、ギャップに固執してしまうのは、不安や不信を強めてしまう行為になってしまいます。

不安が強まるということは、あなたはまさに心が弱っている証拠なのです。
心が弱っているからこそ、将来を悲観し、今の自分を責め、なおのことなんとかしようと頑張ってしまうのです。
しかし、そんな心に余裕の無い状態では、仕事がうまくいくことは難しいでしょう。
そうして、失敗する自分が理想とする自分と程遠いことにフラストレーションが溜まり、また心の余裕を無くし、また失敗するという悪循環に陥ってしまうのです。

完璧な仕事、最高のパフォーマンスを求めない


不安が強い人ほど、完璧な仕事を行い、最高のパフォーマンスをするべきと考えがちです。

それが、理想の自分であるからです。

ただ、実際は、現実の自分の不安から逃げるための動機でしかありません。

理想の自分であるべく、完璧な仕事と最高のパフォーマンスをするように考えて、自分の不安から目を背けているわけです。

現実の自分自身の状態をしっかりと認識することを拒否してしまいます。

だけれども、考えるだけで、完璧な仕事もできないし、最高のパフォーマンスも発揮できません。

考えているようで、実際のところ、ひたすら悩んでクヨクヨしているだけなのです。

悩んで、迷って、ただただ、理想の自分を追い求めているのです。

そうならないために、今のあなたができることをしてみてることが大事です。

どんなに素晴らしい実績を残している人も、いきなり初めてて成し遂げているわけではないことを理解するべきです。
何度もチャレンジしては、成功と失敗を繰り返してようやく大成功にいたっています。

あなたも、まずは、目に見えてる範囲から、手に届く範囲から、声を掛けられる範囲から始めて見ましょう。

自分自身を中心にできることを繰り返していくことで、不安が少しずつ消えていくことになります。
例え小さなことの繰り返しであっても、一つ一つこなしていくことに満足していけばよいのです。

不安であることをただ嘆かない。夢も理想も徹底的に調べてみる

不安を感じて、悲観しているだけではなにも変わりません。
不安に感じ、自分で生み出した想像するもので、恐怖を感じていては、ただただ疲れてしまうだけです。

不安に思っている状態では、どんな想像も自分を苦しめるような内容になってしまうのです。

例えば、ここで異動を願い出たり、転職をしたりする将来を想像してみても、何か陰口を言われてしまうのではないか考えてしまったり、思った以上に難しい仕事であったり、大幅な年収減になってしまったり、人間関係にうまくいかずすぐやめてしまったり、そんなことばかり考えてしまいます。それでは、自分で気力を削っているだけになってしまいます。

自分が考えているようなことも、結局はやってみないとまったくわからないのです。

転職するまでは、人間関係に、収入に、仕事内容に、どれもわからず不安がいっぱいです。
ただし、転職した人にとっては、人間関係も、収入も、仕事内容も、特別不安など感じないのです。むしろ、転職してなんらかの前職よりも良かった点を探して満足しているのです。

やってみるまえには、不安はありますが、やってみたとたん不安は解消していまうのです。

それでも、やってみるまでに至らることができないこともあるのですしょう。

そういうときは、徹底的に調べてみるのです。

異動先のことがわからないのであれば、先に働いている人にどういうことをしているのか聞いてみましょう。何時から何時まで働いているのか聞いてみたり、それとなく見に行けばよいのです。
転職ならば、口コミをみたり、エージェントに相談することだってできます。転職希望先の会社にだれか知り合いがいないのか、調べたり、知人を紹介してもらうことだってできます。
勤務時間で夜遅くまで仕事しているんではないかと不安に思っているんであれば、夜に会社を見に行ったり、直接電話してみることだってできるのです。
他にも、不安要素を調べる手段はあるでしょう。

自社のことも、他社のことも徹底的に調べることで、あなたの不安は消えていくのです。

不安は消え、調べた結果、残るのは具体的な問題になるでしょう。

問題さえ浮き彫りになれば、あとはそれをどう処理するかを検討して対処すればよいだけです。

自分自身のスキルの問題なのか、それとも、今より下がる年収を受け入れるかどうか、通勤時間に納得するか引っ越しするか、一つ一つどうするべきか考えるだけでよいわけです。

おすすめ
25歳を過ぎたら手遅れ?そんなことない!人生を後悔しないための具体的な3つのやり直し方

この方法は抽象的ではく具体的に提示する案になります。 本当に苦しく、孤独感や絶望感を感じていて、藁にもすがりたいと感じているあなたに対してのプランです。 このいずれの方法も当ブログ著者の経験を、良かっ ...

続きを見る



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

読んでおきたい厳選おすすめ記事

1

この方法は抽象的ではく具体的に提示する案になります。 本当に苦しく、孤独感や絶望感を感じていて、藁にもすがりたいと感じているあなたに対してのプランです。 このいずれの方法も当ブログ著者の経験を、良かっ ...

2

おすすめ スポンサーリンク 孤独は、ひとりぼっちのため確かに寂しさがあるかもしれません。 ただ、孤独だからこそできることもあります。それを記事で説明しています。 これから会社で必要な資格の取得のために ...

3

おすすめ スポンサーリンク 職場でふと孤独を感じた時、それはあなたにとって何か物足りなくなっているのかもしれません。 充実した私生活や、明確な目標があれば、職場のことは二の次三の次として自分にとって依 ...

-孤独と不安
-,

Copyright© 孤独な社会人の生き方 , 2018 All Rights Reserved.