孤独な社会人の生き方

孤独な社会人とは人生最大のチャンスを得た人のことを言うのです

孤独と不安

不安に打ち勝つ人間関係の見直し方

投稿日:

資格なし20代が3ヶ月でスキルを習得して転職する方法

→詳細はこちら

不安があるときこそ、自分にとって素晴らしい人間関係を構築するように意識しないといけません。
そうでないと、いつのまにか悪い環境になるように自分が行動してしまっていることがあるのです。
そうすると、悪い環境となることで、不安が強まり、決して不安を払拭することができなくなってしまうのです。
不安に打ち勝つには、自分の意思で人間関係を見直す必要があります。
ここでは、不安に打ち勝つ人間関係の見直し方を説明しています。

切り捨てるべき人間とは?

人間関係において、付き合う数が多ければそれだけ良い環境であるとは言えません。
それどころ、あなたが不安の中で付き合ってはいけない人間と関係があるのであれば、率先して切り捨てるべきであるのです。

不安が強いと甘い言葉に惑わされやすい

不安が強いとどうしても、甘い言葉に惑わされやすくなってしまいます。
甘い言葉には、一見自分のことを考えているように聞こえてきますが、実のところそのようなことはありません。
甘い言葉には、発した人間のメリットになるように誘導するような意味が込められているのです。

不安により、自分の味方を得ようと、その言葉にのってしまえば、自分の意思が全く通用しない、他人本位な行動を強いられるようになってしまいます。
要求なり堕落なりで、あなたはなんとか言うことを聞こうと努力していくことで、取り返しのつかない状況まで追い込まれてしまうことになってしまうのです。
甘い言葉は、あなたの考える力を根こそぎ奪える恐ろしいパワーを秘めています。

甘い言葉をささやく人間には十分注意しなくてはならないのです。

そのような人間には、わかりやすい特徴があるものです。
それは、当人が明らかに能力がないことです。
実績も評判もその人の言うことや振る舞いに態度といった部分が明らかにミスマッチしているものです。また、自身の話より、他の知人の実績を語るのもその特徴の一部でしょう。

はっきり言って、ただのダメ人間です。
ダメな人間ゆえに、自分を守り高く見せる能力だけ優れてしまっているわけです。

そして、不安で弱っているときに、まるで理解者のように近寄ってきて、ささやいてくるのです。
あなたを自分と同じ低レベルに抑えつけようとするのです。
あなたが、自分の将来を良くしようとする力を奪ってしまおうとしているのです。

もし、あなたに対して、「大丈夫、なんとかなるよ」とダメな人間が言ってきたならば、それは絶対に信じても従っても駄目です。
それは、あなたに対して、なにもさせないようにするための甘い言葉なのです。

あなた自身が、不安と向き合い将来のために考えて行動した先の、未知の部分に対して「大丈夫、なんとかなる」と思うことが大事であり意味があるのです。

あなたの周りに、注意するべき人間がいるかもしれません。
日頃から、言動や振る舞いといったことはよく観察しておきましょう。

ダメな人間には徹底的に嫌われろ!

ダメな人間の甘い言葉を遮るためには、逃げて関わらないようにしてしまうのが一番です。

しかし、すぐにそうできない場合もあるでしょう。

そういうときには、ダメな人間から、嫌われてしまえばよいのです。

嫌われる、というとそれだけで恐怖であったり異常な状態のように感じてしまうかもしれません。

しかし、冷静に考えてみれば、あなたにも嫌いな人というのは、少なからずいるはずです。
そして、他のだれにでも、そういう嫌いな人がいるのです。

そこで、あなたは嫌いな人に、なにか特別アクションを起こしているのでしょうか。
答えは、していない、のはずです。

つまり、人に嫌われたところで、特別問題になるようなことは起こらないのです。
嫌いな人にわざわざ「嫌い」という人もいませんし、嫌がらせやいじわるなどもしません。
嫌いな人だからわざわざ近寄ってはこないのです。

だからこそ、ダメな人間にこそ、自分に近寄って来させないために、あえて嫌われてやるのです。

とはいえ、嫌われるためにダメな人間に、悪口を言うとか、そういうことをするのではありません。

嫌われるためには、自分の不安と向き合うこと、そして、自分の将来を真剣に考えて行動することです。

ダメな人間には、決して、弱さを見せて、引きずり込んでやろうと思わせないようにするのです。

ダメな人間にこそ、ブレない強さを、自分自身を貫き通す信念を見せつけるのです。
そういう意思の強い人を、ダメな人間は嫌うのです。

守るべき大切な人達とは?

あなたの周りに守るべき大切な人がいるはずだ。
ただそれは、わかりやすくあなたに声をかけてくることは少ない。
だから、不安が強いとときには、見つけずらくなってしまうんだろう。

あなたは、しっかり周りの人間を見直してみよう。
とても素晴らしい人は、ごく身近にいてくれていたかもしれない。

困ったときに手を差し伸べてくれた人を大事にしよう

あなたが困ったときに、さっと現れ、手を差し伸べてくれた人がいたのなら、そういう人を大事にしよう。

くれぐれも、助けてくれるた人のあとにやってきて、励ましやかばうような言葉をかけてきた人ではない。
なぜなら、その人は言葉だけであなたを具体的に助けてはいない。

お礼を言うのは、助けてくれた人にまず言うべきだ。

そう言う人を好きにならなくてはいけない。

よく周りに気を配れる余裕や思いやりのある人になろう

困っている人に手を差し伸べてあげられる人は、余裕がありよく周りに気を配っている思いやりのある人でしょう。

彼らは、見返りが欲しくてそうしているわけではないのです。
ただ、そういう生き方をしているだけなのです。

そういう生き方こそ、あなたが目指す人生のあり方なんじゃないでしょうか。

あなたのその不安にさまざまな原因がありますが、その不安を解消できたあとには、心に余裕が生まれます。
あなたは、不安を消したいと願うのは、どうありたいと考えていたからでしょうか。

きっと、自ら苦しみを経験したからこそ、同じ苦しみに悩む人の手助けも出来るようになれるはずです。

心に余裕がある人になれるように、心に余裕がある人と一緒にいることは、あなたに対して良い影響を与えることができるでしょう。

お互い認め合えるような人間関係を作っていこう

今までの話でわかるように、良い人に対して、相談したり助けてもらったりしようということでは全くありません。

あなたは、あなたの力で、自分の不安と向き合い解決していかなくてはいけません。

あなたが良い人に素晴らしい印象を持つように、良い人もまた、自らの力で考えられる人に良い印象を持ちます。

人間関係とは、相互に良い刺激をもたらし、成長を促せる関係のはずです。

人間誰しも不安はあります。
そして、もしかしたら、良い人も不安を乗り越えて来て今があるのかもしれません。

相手を尊敬し模範としつつも、自分もまた模範となれるような行動を今からとって行くべきです。

自分と真剣に向き合い、不安に負けない強い気持ちを得られた時には、素晴らしい人間関係を得られることになるでしょう。

資格なし20代が3ヶ月でスキルを習得して転職する方法

→詳細はこちら

-孤独と不安
-,

Copyright© 孤独な社会人の生き方 , 2018 All Rights Reserved.