孤独な社会人の生き方

孤独な社会人とは人生最大のチャンスを得た人のことを言うのです

孤独と不安

自分自身を頼って不安を和らげる方法

投稿日:

え?資格なし20代が3ヶ月でスキルを習得して転職する方法なんてあるの?

→詳細はこちら

不安を感じるときあなたはどうしていますか。

誰かに相談する?
インターネットで似たような相談がされてないか検索する?

不安はふと沸き上がりために、それを解消するために、感じたまま誰かに答えを求めてしまいがちです。

それでは、不安があるたびに、誰かを求め、自分では対処できなくなってしまいます。

そうすると、不安を感じることに、恐怖を感じ、オドオドして行動することもままならないようになってしまうのです。

ここでは、自分自身を頼って不安を和らげる方法を説明しています。

大丈夫かどうかは自分で決める

不安を感じたとき、あなたが行うことは、すぐ誰かに答えを求めることではなく、それが大丈夫かどうか自分で決めることです。

どんな不安であれ、その不安を感じているのは、ほかの誰でもなく、あなた自身になります。

そのあなた自身の不安を、どうしてほかの誰かがわかってくれるのでしょうか。

あなたがどんなに、不安を言葉にして伝えようとしても限界があり、その背景も、あなたの行動も、心も気持ちも他人には100%伝わらないのです。

伝わってもいない人に対して、あなたは自分の不安を訴え答えをもとめたとしても、あなたの不安をきれいさっぱり取り払ってくれることなど何も言ってはくれないのです。

言ってくれないどころか、見当違いだったり、適当だったり、悪意が込められていたり、あなたが傷つく言葉が発せられることだってあるのです。

あなたの不安に対して、答えを作れるのは、実はあなたたった一人なのです。

あなたはその不安に対して、どんなところが気になるのか、なぜ気になったのか、その点になってしまったのはどういう行動をしたからだったのか、それに問題がないか落ち度がないか、あなた自身が思い返し深く考えることが必要です。

そうすれば、不安に思ったことは、思い過ごしだったのか、自分の直感が問題発生を予見してくれたのかがわかるはずです。

その結果、不安の的中を未然に防ぐために行動したり関係者に具体的に相談することができるのです。

まずは、自分でなぜ不安なのか考えましょう。一つ一つ振り返ることで、大丈夫かどうかが自分で決められるようになるのです。

受け身にならずに自分の力を信じる

不安を思う気持ちは、自分でコントロールすることができないため、他人に依存しなくてはいけなくなるために発生します。

受け身でいることで、物事や考えるべきことを、総合的に把握し考えることができず、与えらた狭く限られた部分での情報のみで検討しなくはならないため、未知の部分がわからず、本当に大丈夫かどうかわからなくなるのです。

また、与えられることだけで判断しようとしていては、自分で考えることを放棄してしまう恐れがあります。

誰かが言ったことをそのまま聞いて、その通りと思ってその気になることは、どこにも自分がいないということになってしまいます。

そして、ふとしたときに沸き上がる不安はとても大きなものになり、押しつぶられるように気持ちが苦しくなるのです。

そうならないようにするためには、受け身でいることをやめることです。そして、自分の力を信じることです。

自分自身で考えて、不足している事柄を調べたり聞いたりして補います。
全体を見通すことができれば、不安なことは、問題点として可視化し具現化することができます。

これは、難しいことではありません。
例えば、大学受験や資格試験であれば、それがそもそもどういったものか、どんな問題なのか、どれだけ勉強時間が必要なのか、今の自分の理解度はどうなのか、など調べることです。
そうすれば、今から何をするべきかが自ずとわかることができるのです。

仮に、誰かが言ってた情報だけ、親や先生や同僚の細切れのような印象や意見のみで、判断しようものなら、それは不安になるに決まっています。

そして、自分の行動を認め、自分の力を信じます。
物事を希望する形になるように、行動してきているのですから、その都度、確かに自分は必要なことをしてきたはずです。
その積み重ねは評価するのは、ほかの誰でもない、あなた自身です。
自分を信じることで、あなた自身が不安を和らげ、自信を作ることができるのです。

自分自身と真剣に向き合う

あなたのことをまず第一に考えてくれる人間は、どこにもいません。
親兄弟とも例外ではなく、心も体も別な他人です。

それは、あなただけに限ったことではありません。この世の中に生きるすべての人もそうなのです。

だからこそ、自分とはいつでも真剣に向き合うことが必要なのです。

不安なことがあれば、すぐ他人に頼らず自分で真剣に考えてみます。
体の不調があれば、医者にかかりつつも、なぜどうしてと考え、真剣に生活を見直すのです。

たった一人の大切な自分の心も体も、あなた自身が真剣になって自らと向き合うことで、健全に生きていくことができます。

日ごろの生活も、家族を養うための仕事も、夢や目標を叶えるための頑張りも、より良いものにするために、本気になって考え取り組むことが大切なのです。

え?資格なし20代が3ヶ月でスキルを習得して転職する方法なんてあるの?

→詳細はこちら

-孤独と不安
-,

Copyright© 孤独な社会人の生き方 , 2018 All Rights Reserved.