孤独な社会人の生き方

孤独な社会人とは人生最大のチャンスを得た人のことを言うのです

やる気と勉強

苦手な勉強をなんとかする方法

投稿日:

え?資格なし20代が3ヶ月でスキルを習得して転職する方法なんてあるの?

→詳細はこちら

勉強が苦手だと思う人はかなり多いんじゃないかと思います。

そんな勉強に対しての苦手意識をなんとかしようとするには一体どうしたらよいのでしょうか。

勉強自体は難しくないことを理解する

勉強自体実は難しい話ではないということを理解すると苦手意識がなくなります。

プリントや過去問も一度やったら、もう一度解いてみる

試しに実験ですが、プリントや過去問のテストを一度やってみてください。
そして、採点したら、正解答と解説を確認します。

その後、すぐ、もう一度解いてみましょう。
すると、最初に問題を解いた時よりも、多く問題に正解することができるはずです。

これが、勉強した結果になります。

勉強は繰り返すだけの作業

つまるところ、勉強とは、繰り返しの作業になります。

上記のたとえでは、満点を取ることも、解くことと解説を読み込むことを繰り返していけば、簡単に達成することができます。

同じ問題であれば、一日以内に達成することだって可能でしょう。

ただ、繰り返すだけで、自然と覚え、理解することができる。
勉強とは、単純な作業なのです。

勉強の言葉は使わずに生活の中で勉強してる

さらには、知らず知らずに、勉強とは言わずして生活の中で勉強しているものです。
それは、生活の中で直結しているので、勉強とは思っていないだけです。

例えば、料理の仕方などです。食材の切り方や切り方の名前などは、意識せずとも繰り返し口にして作業することで覚えることができるでしょう。

苦手と思っていても、学習は生まれてから今までずっと今まで行ってきているのです。

苦手に思う原因を考えて改善してみる

ということは、勉強自体はできるけど、それを苦手に思う別の要因があることがわかります。

難しいから苦手に思う

勉強する内容が難しすぎるから苦手に思っているかもしれません。
それは、学生自体の授業の経験からきているんでしょう。授業の場合、理解の有無にかかわらず淡々と進められてしまい結局わからずじまい。
それで、次の授業ではわかっている前提で進められ、もはや聞く気もないなんてことになってしまっていたんでしょう。

難しいと感じている場合には、わからなくなったポイントまでさかのぼり、復習したり、基礎をやりなおすことが重要です。
難しいと思っても、そこから挽回することは可能なのです。

社会人の勉強ならば、資格のためやスキルのためといった勉強するべき範囲が明確に示されていて、過去問をできるようにするといったセオリーまであります。
それならば、入門書からはじめたり、過去問を解いてみて一つ一つ確認してく方法で理解はだんだんと増えていきます。

わかるところからはじめて、一つ一つ紐解いていきましょう。

できないと恥ずかしいから苦手に思う

苦手意識は恥ずかしさからきているかもしれません。
よくあるのは、英語の発音などそうでししょう。英語の場合は、そもそも、うまく発音するとなおさら茶化されるといった謎文化まであるので困ったものです。
これは、個性を伸ばさずダメなほうへの平均化教育の弊害で足を引っ張る人間がつくられてしまったからでしょう。
さらには、テレビなどで、人もいじる、ということで笑いを取るという下手をしたらいじめにつながるようなことを平気
で放送しているのでその影響もあるでしょう。

または、できないことで責められる組織の場合にも、苦手に思ってしまうでしょう。

簡単に言えば、できるようにしてしまえば、恥ずかしさから解放されるようになります。
目標としては、できるようになるまでやること、ではあります。

ただし、そうはいっても、場合によっては、勉強しなくてもよい環境に逃げる必要がある可能性もあるので、耐える必要はないのです。

勉強は、自らの欲求にしたがい、自分の夢や目標のために行うものを忘れてはいけません。そうであれば、そもそも勉強中の過程や試験などに落ちたくらいで精神的に参ることなどありません。むしろ、奮闘するはずです。

もし、できないと恥ずかしめを受けるとかできないと責められるような環境なのであれば、そもそも行っているのは勉強とは言えないのでは無いかと疑問に思う必要があります。

受験や資格取得に失敗するのが怖くて苦手に思う

試験などで挑戦した結果失敗することが怖くて勉強を苦手に思っていることも考えられます。

確かに、試験では受かるか落ちるかの2択になります。
それは、勉強てきた過程でどれだけ、努力して頑張ってこようが、受かるかもしれませんし落ちるかもしれません。

とはいえ、試験の成功率は絶対に50%ずつとは限りません。

勉強をしなければ、受かる確率は非常に低いです。
ただし、勉強してきて、過去問や模試の回答次第で受かる可能性が非常に高いと把握することは可能なのです。

失敗をすれば、今までの勉強にあてた時間がもったいなく感じたり、ほかにすることもできたのにと後悔するかもしれません。
しかし、試験は、前述したとおり、合格率を確認することができ、合格率をあげることができるのです。

逆にいえば、落ちるころとも事前に把握することができ、そもそも低すぎるならば受けなければよいのです。試しに受けたところで、試験にまぐれはないのですから、記念受験や試験の雰囲気を感じ取るくらいしかできません。

挑戦するタイミングを来年に延ばすなり、この勉強や資格などは自分の夢や目標に必要なのかしっかり考えるべきなのです。

もし、どうしても必要なのであるならば、確実に合格できるようになるまで勉強するほかありません。
そして、落ちてしまっても、再挑戦するしかありません。
あなたの夢や目標は、寝て遊んでいても叶うわけではありませんよね。
そういった厳しさの先に、ゴールがあることを目を背けて逃げてはいけないのです。

楽しく勉強する工夫をしてみよう

趣味や生活の一部としての勉強では、そもそも楽しい勉強なので苦にはなりません。
他者から評価されることではないですか、マイペースに行っていればよいからです。

ただし、今挑戦しようとしている目標のための勉強は、他者から採点されることで数字で評価される世界です。

しかも、資格などならば、合格不合格のある厳しいものになります。

そういった勉強をするのであれば、楽しく勉強するようにしないと続けることは難しくなります。

楽しく勉強するには、高い動機付けやモチベーションだけでは足りなくなります。
モチベーションは根底におき、点数の獲得をゲーム感覚にするとよいでしょう。
一定の点数の獲得で、自分自身にご褒美を与えることは楽しく勉強するためのメジャーな方法でしょう。

自分なりの「楽しく勉強する方法」を工夫して、頑張ってみましょう!

 

え?資格なし20代が3ヶ月でスキルを習得して転職する方法なんてあるの?

→詳細はこちら

-やる気と勉強
-,

Copyright© 孤独な社会人の生き方 , 2018 All Rights Reserved.