孤独な社会人の生き方

孤独な社会人とは人生最大のチャンスを得た人のことを言う

生きる力

25歳を過ぎたら手遅れ?人生を後悔しないやり直し方

更新日:

この方法は抽象的ではく具体的に提示する案になります。

本当に苦しく、孤独感や絶望感を感じていて、藁にもすがりたいと感じているあなたに対してのプランです。

このいずれの方法も当ブログ著者の経験を、良かった点と反省点をまとめ上げるものになります。

ただし。

この方法は、必ず一定期間、肉体と金銭の痛みを伴います。

この方法は、必ず一定期間、孤独でいたままです。

あなたがすでにご存知な通り、楽な方法はありません。あなたの代わりに誰かがあなたの目標を叶えてくれるわけでもありません。

あなた自身が結果を出すように最善を尽くす必要があります。

これは、あなたにその「最善」の具体案を示すものです。

手遅れと感じる理由はなんだろう?

あなたは今どんな理由で、人生を手遅れと感じているのでしょうか。

借金を作ってしまった?彼氏彼女ができないまま?それとも、定職につかずフリーターのまま来てしまった?

どんな理由もあなたにとって重大な絶望感になってあなたを悩ませていることには変わりがないでしょう。

ただ一つ、あなたがまだ二十代であるのであれば、まだ大きく舵を切り、未来を変えることが可能です。

今あなたの武器は、年齢です。

それを最大限に生かして、今できることを集中して行いましょう。

あなたに地に足つけて現実に向き合ってほしい

あなたには地に足つけた現実的なプランを提示します。

ですが、例えば、大学や専門学校に行きなおしましょうとか、国家資格を取って手に職つけましょうとかは、言いません。

最大で3年間の有期限で、結果を出すことを念頭においています。

もちろん、あなたの悩みの程度により、半年から一年くらいで、結果を出すことも可能でしょう。

ただし、再度言いますが、あなたが現実に苦労しなくては結果は出ません。

もしかしたら、現状を捨て、見知らぬ土地に行かなくてはならない場合もあります。

しかし、環境を変えなくては、昨日過ごしたように今日を過ごし、また明日も今日のように過ごす毎日のままなのです。

3つの具体案から見る将来の展望、どうなる自分?

これから紹介する方法に、あなたの悩みやどうなりたいかを考え、うまくマッチしているようであれば、実行する価値があります。

期間従業員でお金を一気に貯められる

あなたがもし、借金があり、それが400万円以内であれば、3年で完済できます。

あなたが具体的に資金を必要としている場合、3年で400万円を貯めることができます。

もちろんそれなりの節約と節制が必要ですが、借金などすぐにでも脱却したいのであれば良い選択肢の一つです。

期間従業員とはどういう仕事をするの?

期間従業員とは、多くは、トヨタやホンダなどの大手自動車メーカーが3ヶ月ずつの雇用契約を結び、工場で作業する有期雇用契約労働者のことです。

延長による期間は、法律で最大3年間と決まっています。

言い換えれば、通しで期間従業員として働けるのは、3年間のみです。その後は、一度退職し、再度仕事をしたい場合には、半年間あけて、新規に応募して採用試験を受けなくてはなりません。

期間従業員のデメリットとメリットとは?

期間従業員のデメリットとはどういったもの?
正社員ではないことに注意

期間従業員のデメリットとして、まず、有期雇用契約であることです。

トヨタやホンダの工場で働くことは、一見して大手企業に就職したような気がしますが、あくまで3ヶ月更新の期間従業員となり、正社員ではありません。

更新するかどうかは双方の合意によることを忘れない

ときおり、著しく勤務態度の悪い方がいらっしゃるようです。雇用契約書にも事細かく書いてありますが、従業員側が更新を希望しても、勤務態度が悪ければ会社側で更新をしないとなりますから、そのまま退職となります。

また、経営状況により更新無しになる場合がありますから、必ず最長まで働けるとは限りません。

立ちっぱなしの単純作業が多い

工場の勤務になり、基本的には立ちっぱなしの仕事になります。

また、任される作業も組み立てのライン作業や溶接や塗装作業になります。

さらに、基本的にパターンはあるものの同じ作業内容を1日ずっと行うことになり、工程の変化がなければ、退職までずっと同じ仕事内容です。

期間従業員として勤め上げた先は自分次第

期間従業員として最長まで勤めた後のことは、それまでに確実に目標を立てておかない限り、あやふやになりまた前のような生活に逆戻りとなる危険があります。

自動車メーカーによっては、再度期間従業員となると日給が上がったりしますが、生涯期間従業員として働き続けるのは無理があるでしょう。

期間従業員のメリットはどんなものがある?
お金がすごく貯まりやすい

第一にして最大のメリットがお金の貯めやすさです。

一部の人は自宅通勤や自分でアパートを借りる人もいるようですが、基本的には会社の寮や用意された民間のアパートなどに住むことになります。

寮費は大体無料の場合が多く、食事補助がだいたいあります。

夜勤もある工程に着くと額面で30万近く稼げることになるので、手取りで25万円が振り込まれるとすると、家での食費と携帯代ネット代光熱費交遊費を引いても、10万円くらいは自由なお金になる見込みです。

それを丸々貯金していけば、ざっくり36ヶ月で360万円くらい貯金できる見立てができます。

さらに、多くの自動車メーカーでは、満了慰労金といった名目で3ヶ月ずつ10万円前後給料にプラスして支払われます。

単純計算でも、3年間でもかなりの金額を貯金することができるでしょう。

なかなか400万円くらいただの借金を作る人もそうはいないと思いますが、徹底した節制で返済が可能でしょう。完済する3年後は、プラスマイナスゼロで再出発が可能ですよ。

正社員雇用の道がある

自身の能力と勤務態度、職場での推薦と会社の経営状況によって、正社員登用へチャレンジすることができる場合があります。

意外と勤めて気づくのは、周りの正社員の人の中でも、期間従業員から正社員になったという人が多いことです。

会社の方針や、数多くいる期間従業員同士で頭一つ抜きん出なければいけない狭き門にはなりますが、正社員となれば大手企業の待遇で今後仕事をしていくことになります。

仕事内容もライン作業から、工程の管理やフォローする仕事に変わっていきます。

自身の将来のビジョンに正社員を希望するのであれば、一度の勤務の間に正社員のチャンスがなければ再度勤めるというのも一つの良いプランかもしれません。

余裕のある生活で誘惑に負けやすくなることは注意しておこう

勤め先の工場や寮が、郊外の田舎にあれば、黙々と働き貯金をしていくのは簡単です。

しかし、意外と工場近辺が栄えている場合も多く、寮から電車で少しのれば繁華街があることもあります。

周りの環境に何も無いよりマシでですが、あればあったで困った存在です。

というのも、アルバイトよりも断然収入が多く、実家暮らし以上にお金を使わないので、3ヶ月もすればかなり余裕が出てきます。

しかも、3ヶ月やり遂げられる頃には、だいぶ体も仕上がってきているので体力があります。

特に男性だと、お金もあり、体力もあり、目の前には繁華街で夜のお店が……、となると一気に散財してしまう可能性が高いのです。

男性に限らず女性も同様に、懐事情がとても暖かいので、今まで手の届かなかった洋服や美容系商品も簡単に買えてしまうのです。

自分の目標を確実に達成するためには、自分自身でコントロールする必要があります。お金がなくなってしまっては、単純に3年間を無駄に過ごしただけになりかねません。目標達成を第一に計画的に過ごしましょう。

ブログで広告収益を得よう

今の仕事や職場に対して、マンネリ感や疎外感、孤独感、それにこの仕事を続けていっても特に何者にもなれないんだろうなという達観を持っているならば、自分の力量で大きく数字をコントロールできるビジネスを行うというプランがあります。

それが、ブログによるアフィリエイトを含む広告収益です。

会社員としての収入の給料は、営業で歩合がつくならまだマシですが、その他の仕事だと日々の成果を数字で見ることは難しいです。

それが、ブログであれば、アクセス数や報酬額といった明確な数字によって自分の成果を確認することができます。

また、作業を行えば行うほど、目に見えて数字が増えていきます。そして、必要な学習や新しい知識、読書をすればするほど、ブログへ反映され価値が増していく特徴があるのです。

あなたの日々の労力がダイレクトに反映され、そして収入へ繋がっていくのがブログなのです。

ブログのメリット&デメリットとは?

ブログのデメリットはどんなものがある?
ブログを始めるのにある程度の費用が必要

ブログは極めて小資本で始めることができ、ランニングコストも極少額で済みます。この点はメリット

でお話しします。

ですが、ブログで稼ぐための手法や、どんなスキルや準備物を調べたり揃えたりする費用は必要です。

すでに会社でインターネットビジネス関係の仕事をしているのであればだいぶ敷居が低くて始めやすいですが、全く畑違いの職種であると位置から調べる必要があります。

それには、たくさんの本を読みブログビジネスの知識を網羅的に把握する必要がありますので、本の購入費用が必要です。

ブログを行うにあたっては、パソコンが必要なので持っていなければ購入費用が必要です。

ブログを始めるための知識やスキルの習得が必要

繰り返しになりますが、ブログビジネスについての知識や手法を調べ習得する必要があります。

また、ブログ構築もWordPressというCMSを使う必要があります。ブログ開設も一から始めるとなると、意外と敷居が高いものですから、何度か繰り返して作って見る必要もあるでしょう。

最初から、複雑なカスタマイズやプログラミングをする必要はありませんが、ブログを運営するにつれもっと必要な機能があったりもします。その際には、HTMLPHP といった言語も入門レベルで構いませんから実際に手打ちして把握しておく必要もあるでしょう。

大きく収益を上げるのであれば、やはりそれなりの苦労が必要です。しかし、国家資格が必要なわけではなく、学習も必要があれば、その都度集中して取得できます。

ブログで安定して収益を得るようになるまでは最低1年は続ける必要がある

ブログで収益を得るまでは、全くの初心者であれば、最低1年はかかると思って始めなければなりません。

ブログで収益を得るには、記事を書き投稿する必要があります。

そして、スタートの目安として、最低2000文字の記事を、50件投稿することが必要です。

3ヶ月から半年程度でこの目標をクリアできれば、アクセスが伸び始め、少しづつ収益を得ることが可能となるでしょう。

ブログをやろうと考えて、最初の収益を得るまではかなりの期間が必要であることは間違いありません。アルバイトと違いは作業したからといって、固定の収入がないのが最初は辛いですが、後から続けてよかったと思うほどの収入を得られるので我慢しなくてはいけません。

ブログのメリットはどんなものがある?
ほぼ自由な仕事で好きなように実践していくことができる

ブログは一から準備して記事の更新からブログのメンテナンスまでずっと自分が行えます。

誰かに指示されることなく、自分の考えに基づいて様々な形でブログに反映させていくことができるので、自分次第で運営していくことができます。

ただし、ほぼ、がつくのは忘れてはいけません。

とはいえ、ある程度の社会的責任は伴うという当たり前なことではあります。ブログの記事はインターネットで誰にでも閲覧できるものですから、社会通念上や法律的にも好ましくないことは書いてはいけませんし、正しくないことも書いてはいけないのです。

その辺りは、自分自身の経験や知識、ブログのために学習した知識を用いて、書くため基本的には問題になるようなことはありませんが、念のため注意しておくことは必要でしょう。

パソコンとスマホがあればどこでも作業ができる

基本的には、パソコンとスマホがあれば、どこででも作業することは可能です。

ブログ構築やメンテナンス、記事執筆はパソコンで行います。記事執筆やネタの検討などはスマホでも可能です。

ポケットWifiなどあれば、自宅でもカフェなど外出先でも更新や調べ物が可能です。スマホでテザリングができれば、別途契約しなくてもインターネットに接続できるの更新作業も可能です。

会社員のように、毎日定刻には出勤しなくてはいけないこともありませんし、執筆に集中しすぎて夜中まで時間がかかってもそれはそれでうれしい悲鳴なようなものです。

記事更新をコンスタントに続けるためのルーティンは自分なりに作っていく必要がありますが、それは自分自身が色々試して徐々に作り上げるものです。

まさに、時間も場所も囚われない自由な仕事であることは間違いないです。

会社員とは比べ物にならない収入を得ることができる

ブログビジネスでは自分自身が商品を仕入れる必要がなく在庫が不要です。

初期費用もランニングコストも微々たるものですから、売上のほとんどを利益にすることができます。(税金は置いておいて)

しかも、ブログの更新を続ければ続けるほど、基本的には収入は増えていきます。

それは、何年も変わらない給料などより、何倍も多くなるのです。

日々の成果は、記事数やアクセス数、具体的な報酬金額で確認することができ、自分の頑張り具合を数字で見ることができます。

きっとあなたにとって、感じたことのないやりがいを得ることができることは間違いないでしょう。

プログラマーに転職しよう

あなたがまだ20代であれば、未経験でもIT業界への転職にチャレンジすることができます。

今の仕事へのやりがいの無さや不透明な将来に対する不安があるのなら、スキルを習得してサービス構築を仕事にすることで社会に対してわかりやすく貢献することが可能です。

しかも、業界全体で人員の不足は目立ち、大手企業でも求人募集を常にかけています。

自分自身でWebサービスやスマホアプリなど開発して、アピールすることで未経験であっても採用に漕ぎ着けることも不可能では全くありません。

プログラマーになるデメリット&メリットはどんなものがある?

プログラマーになるデメリットとは?
明らかなタイムリミットがある

繰り返しますが、あなたが20代であるうちに、すぐに行動してプログラミングスキルを習得して、アプリなど作成することが必要です。

ということは、限られた期間内に、スキルの習得からアプリ作成、さらに転職活動をして転職を実現しなくてはいけません。

行動するタイミングが遅くなればなるほど、書類選考で落ちる可能性が高くなり転職が難しくなります。

30代になって転職できるのは、経験者であるか、自前のWebサービスやアプリの質と量が一目置くレベルに達していなくてはいけません。

業界未経験で、趣味でもプログラミングをしたことがないのであれば、しのごの言わずに早々にプログラミングスクールに通ってスキル習得を図らなければ、独学ではかなり時間がかかり転職は敷居が高くなる一方です。

プログラミングスキルの習得にはお金がかかる

転職するレベルでプログラミングスキルの習得を目指す場合には、プログラミングスクールに通うことが最短で確実な方法です。

比較的安価なオンラインスクールというてもありますが、結局一人で家で学習することで挫折する危険が高いので、より確実なのは通学制のプログラミングスクールに通うことで受講料は40万円前後が相場です。

もちろん、分割払いが可能ですが、大きな金額が必要なのは変わりないことは間違いないです。

とはいえ、明確な投資の手段であることもまた事実であり、ほかに選択肢がないことから、将来のリターンを考えお金については自分自身で納得するほかありません。

プログラミングスキルの習得に約3ヶ月間必要で強力な時間管理を自分自身で行わなくてはいけない

3ヶ月というのは、だいたいプログラミングスクールの多くはカリキュラムの受講期間と卒業制作期間を合わせて3ヶ月間を設定していることからその期間が必要と言っています。

もちろん、スクールに通う前提で3ヶ月なのであり、独学となるとどの程度の期間が必要かどうかは未知数です。

そして、プログラミングスクールに通う期間は、もともと社会人であるあなたは、昼間は仕事をしているので、仕事終わりの夜間と休日を利用することになります。

各スクールもそもそも、あなた自身が希望して受講するのですから、あなた自身が率先して通い学習する必要があります。

家事をこなしつつ、今まで遊びに使っていた時間をまるまる学習の時間に充てなくては、スキルの習得は出来ませんから、あなた自身が必ずやり遂げるつもりで行動しなくてはいけません。

プログラマーになるメリットとは?
キャリアを積みより高い報酬の仕事につくことができる

転職した会社がとても満足できる仕事があれば、ずっと働き続ける道もありますが、自身の求める仕事やキャリアを求めて再度転職をしていくことも実力がついてくれば可能です。

そうなれば、最初は条件を一方的に飲み込むことしたできませんが、即戦力として働くことができるのですから希望する条件にあった仕事を探すことができるのです。

少しずつキャリアと経験を積むことで、徐々に自分のやりたい仕事に向けてコントロールしていくことができるのがIT業界で働くメリットの一つになるでしょう。

フリーランスや自前のサービスを活かした起業へチャレンジすることができる

自分自身にスキルがあるわけですから、別に会社での仕事だけにスキルを活かさなくても良いわけです。

自分自身のスキルアップがてら必要なアプリやあったら面白いアプリなどを作り続けることだって可能です。

プログラミングすることが本当に楽しいと思えるようになれば、あとは勝手にスキルアップができるというもの。

いつの間にか、フリーランスでも請け負える実力がついていたり、リリースしたアプリがヒットするなども経験するようになることは想像しやすいでしょう。

会社員での経験も活かして。自分自身のWebサービスやアプリを武器に起業して大きくしていくことができるというのも一つの自分の将来の選択肢となります。

IターンやUターンで地元や地方に就職しやすく、遠隔勤務もできる職種であること

プログラマーやエンジニア職は、やはり都内での求人数が多いですが、地方でもIT企業は数多くあり東京にこだわらなくても希望するエリアでプログラミングスキルを活かして働くことは可能です。

さらに、企業によっては、在宅勤務など認めているところもあります。将来的なことを考えて、柔軟な対応をしている企業を狙って働くこともありな考えです。

また、フリーランスや請負業での起業をしても、クラウドソーシングが盛んな現在では住むエリアに縛られることはないでしょう。

ある程度、東京などでキャリアを積むにせよ、自分の理想の仕事像を求めて模索し実現できるのもプログラマーやエンジニアの職種の大きなメリットとなります。

期間従業員+ブログorプログラマーが人生のやり直しに理想的

もし、貯金が無くてこれからも貯められそうになかったり、借金に悩み現状を回復させることができなさそうとします。

そうであるならば、期間従業員でお金の解決し、ブログやプログラマー職への転職などで人生のやり直しを図るのが良いでしょう。

期間従業員中にブログやプログラミングの学習もしたいとなると、夜勤や残業が少ない職場があるホンダであれば日勤のみの仕事につく可能性もあります。(ホンダでの日勤のみの仕事は著者が経験ずみ、ただしどんな職場に配属されるかは運次第)

ただし、初めてのことで、あれもこれもを同時に求めるのは、かなり肉体的にも精神的にも負担は大きいことは事実です。

あなたの年齢が許すのであれば、期間従業員でお金を作りつつブログを書き続けるか、期間従業員中に独学しつつお金を作ってからスクールに通ってプログラマーにチャレンジすると金銭面での不安がなくなりますので良いです。

一つ一つあなたの状況や環境を改善していくことで、あなた自身の思考する余裕が生まれます。その過程で、当初の思っていたビジョンとは違う選択をすることもあるでしょう。それはあなたが、見えていなかった本当にやりたかったことを見る余裕ができたから可能となったのです。

さいごに

本記事に提示したことは、著者自身がチャレンジした道です。だからこそ、特徴をお伝えすることができています。

20代であれば、IT業界への転職は未経験でも十分可能です。さらには、早々にブログビジネスで収益を上げられるようにしておけば、今度の人生でどんな道を選ぼうとしても、あなたの生活の基盤を確固たるものにできているので様々なことにチャレンジできます。

時間もお金も必要ですが、新しいことにチャレンジするには必要なことです。しかし、自分で決めた挑戦なら頑張ってやり遂げられることでしょう。

おすすめ記事

1

転職できない人の3つの特徴、あなたは大丈夫? 夢や目標がありいつも前向きに頑張っているあなたには余計な話かもしれません。 実は、夢や目標のために、プログラマーやエンジニアになるために転職をしようとして ...

-生きる力
-,

Copyright© 孤独な社会人の生き方 , 2018 All Rights Reserved.