やる気と勉強

意味ない勉強にとらわれるな!社会人は価値のある勉強をしよう

更新日:

スポンサーリンク

こんなの勉強してて、なんか意味あんのかなーって思っていませんか?

例えば、資格関連や英語の勉強など、会社に取得するように言われていたりするとかなりモチベーションにも影響するでしょう。

自分から勉強しようと思ったことならモチベーションも高い時期が続くと思いますが、それもふとしたきっかけで疑問に思ってしまうことも。

視界が狭いと意味ない勉強になってしまう

そんな時は、視界が狭くなっています。

視界が狭くなってしまっていることで、資格と取得するだけの勉強になってしまって、それを取ったことで、どうなるのかイメージが尽きずらくなっています。

視界が狭いということは、会社で自分の行っている仕事だけを、「仕事」と認識しているということです。

自分の「仕事」だけしか知らない、わからないから、どんな勉強を行っても「仕事」に直結せずに、疑問に思ってしまうんです。

全く英語を使わないのに、英語の勉強をする。店舗のレジスタッフだけど、ウェブデザインの勉強をしてみる。営業だけど、プログラミングの勉強をする。

勉強自体することに意味がありますし、素晴らしいことです。

しかし、こういったミスマッチな勉強は、勉強したところでどうなるかイメージがつき辛いです。なんだか転職目的なだけなのか?という印象があります。

しかし、自分自身が転職を目的としているならば、明確な目標があるわけですから、意味がある勉強です。

つまり、目標がない勉強は、決して続きませんし、全く意味のない勉強となってしまうということです。

広い視野で仕事を俯瞰してみよう

今勉強している内容を疑問に思ったり、在職中の自分の仕事に対して特に勉強することが無いと思っているならば、広い視野で仕事を観察すると良いです。

どういう意味かというと、あなたの「仕事」だけではなく、あなたの「仕事」の前の仕事や後の仕事との連続性を考えることです。

つまり、お金をお客から貰うためにはどんな仕事が必要なのか?ということです。

あなたの1日の「仕事」だけだと、多くの場合、お客から直接金銭を受領することは少ないでしょう。大きい金額だと、クレジットや銀行振込が多く現金をみることがほとんどありません。レジスタッフや窓口ならば現金を見るかもしれませんが、そう言う場合、目の前のお客が現金を渡してくれるまでの仕事、受領してからの仕事を考えて見ましょう。

1つの「仕事」だけではなく、たくさんの『仕事』があるからこそ、会社の仕事が回っています。

それを自分自身で考えて、イメージして見てください。

自分が商売をする場合について深く考えて、価値のある勉強を見つけよう

全体的な仕事の種類がイメージできたら、自分が商売する場合はどうしたらいいんだろうと考えてみましょう。

シンプルな流れの商売でやってみたいことで良いです。例えば、子供服を作ってネットで売るとか、アプリを作って販売するとか。

この商売をするにあたって、何をすれば良いのかじっくり検討してみましょう。

例えば、アプリを作って販売するんであれば、企画、デザイン、作成、審査登録、宣伝広告、売上管理、アップデート対応、ユーザー対応、などなど大雑把に考えてみます。単純そうに見えて、たくさんの仕事が積み重なっていることがわかりますね。

そして、そこから自分がすぐできること、知らないこと、わからないことが出てきます。

この、知らないこと、わからないことの部分が、勉強する価値があります。

アプリ制作ならスキルだけで済みますから、プログラミングが価値のある勉強です。

また、不動産売買の仕事を考えたのなら、開業のためには、自分が宅地建物取引士の資格があったほうが良いので、その支度の取得のための勉強が価値がありそうです。

資格やスキルだけが勉強ではありませんから、お金の管理の仕方やマーケティングの仕方を学ぶのも価値のある勉強です。

単純に資格やスキルにかかわらず、こ必要だからこその価値のある勉強を探すことが重要なのです。

今勤めている会社にこだわる必要無し!会社員じゃなくて社会人になろう

やってみたいことや仮の商売で仕事のイメージがついたら、今のあなたの「仕事」と会社の仕事を振り替えてみましょう。

あなたの「仕事」をよりよくするためには、会社の仕事が何をしているのかよく考えてみることです。

大きな仕事の流れを意識して、どんな風にお金が流れ、そして自分のお給料となってくるのかイメージできれば、仕事への取り組み方も変わるでしょう。

そして、自分が何を勉強するべきか、だんだん見えてくるはずです。

今、会社に求められていなくても、理解しておくことで、会社員としての働き方は変わってきます。

それに、今勤めている会社にこだわる必要は全くありません。

興味のある分野について、勉強してそれを生かしたいと思うのであれば、転職を考えたって良いのです。

また、自分自身でやってみたくなった仕事ができたのであれば、会社終わりや休日を利用して仕事したって構わないのです。

そうやって、自分自身を会社員という小さな枠に狭めず、社会人として仕事ができるようになればお金の流れも変わり、自分でコントロールすることも可能となります。     

大きな仕事の流れを意識して、常に自分に必要な勉強を探してみましょう。

おすすめ
25歳を過ぎたら手遅れ?そんなことない!人生を後悔しないための具体的な3つのやり直し方

この方法は抽象的ではく具体的に提示する案になります。 本当に苦しく、孤独感や絶望感を感じていて、藁にもすがりたいと感じているあなたに対してのプランです。 このいずれの方法も当ブログ著者の経験を、良かっ ...

続きを見る



読んでおきたい厳選おすすめ記事

1

この方法は抽象的ではく具体的に提示する案になります。 本当に苦しく、孤独感や絶望感を感じていて、藁にもすがりたいと感じているあなたに対してのプランです。 このいずれの方法も当ブログ著者の経験を、良かっ ...

2

おすすめ スポンサーリンク 孤独は、ひとりぼっちのため確かに寂しさがあるかもしれません。 ただ、孤独だからこそできることもあります。それを記事で説明しています。 これから会社で必要な資格の取得のために ...

3

おすすめ スポンサーリンク 職場でふと孤独を感じた時、それはあなたにとって何か物足りなくなっているのかもしれません。 充実した私生活や、明確な目標があれば、職場のことは二の次三の次として自分にとって依 ...

-やる気と勉強
-, ,

Copyright© 孤独な社会人の生き方 , 2018 All Rights Reserved.